東海大学の使命・教育理念

東海大学の使命

明日の歴史を担う強い使命感と豊かな人間性をもった人材の育成を通して、調和の取れた文明社会を建設する

「科学技術は人類の幸福のためにあるものである。しかし、その取り扱いを間違うと人類を破滅へと導く。国の行方も人類の将来もこれに関わる人間の思想に左右される。」本学創立者である松前重義が、若者に思想を培わせることの大切さを実感し「国づくりの基本は教育にあり、教育を基盤として平和国家日本を築こう」と決意した背景にはこのような問題意識がありました。松前重義が教育に託したもの、それは「人類の幸福と平和の実現に向かって、明日の歴史づくりを担う人材の育成」でした。21世紀になり、取り巻く環境は変化しましたが、本学の使命に変わりはありません。人々が平和で幸せな生活を送ることのできる、調和の取れた社会を建設するための人材育成。それこそが東海大学の使命と考えます。

人材を育成するための教育理念

「自らの思想を培う」

知識や技術の単なる教授に止まらず、ヒューマニズムに立脚した教養を重視し、人間、社会、歴史、世界、文明などについて、学生一人ひとりが「自らの思想を培う」ことのできる教育を実践しています。

学生一人ひとりの素質の伸張を支援する

本学は知識偏重ではなく、学生一人ひとりの素質を伸ばす支援をすることで、個性ある多様な人材を社会に送り出すことを目指しています。

文理融合の幅広い知識と国際性豊かな視野の獲得

教育と研究の場において、総合大学としての特性を生かし、文系・理系の領域を融合した幅広い知識と、他文化を理解し、国際性豊かな視野を持つ人材の育成を図っています。

理念・憲章へ戻る