望星学塾

望星学塾は、東海大学創立者・松前重義が、1936年、武蔵野市西久保に、数人の同志と共に開いたささやかな私塾がその始まりです。それは、デンマーク国民高等学校の教育を範としながら、聖書研究を中心に日本や世界の将来を論じ合う、いわば志ある青年たちの教育道場でした。そこには、「国づくりは教育にあり」という生涯を教育にささげる博士の姿勢があり、それが今日の東海大学の母体となりました。

現在、学塾は大学の付属機関として、創立の精神および活動を継承し、資料収集・編纂などをはじめ、柔道による青少年教育、教育講座・講演会などを開講、地域に根ざした生涯学習の場として積極的な活動を展開しています。