現代教養センター

現代教養センターは、2016年度に総合教育センターとチャレンジセンターが統合してできた新しい教育組織です。東海大学は創立以来、建学の精神に基づく教養教育を展開してきましたが、本センターは、その中でも、文理融合的なものの考え方の育成、本学の掲げる4つの力(自ら考える力、集い力、挑み力、成し遂げ力)の育成を担っています。

したがって、本センターの目指す具体的な教育方針は次の2つです。

  1. 1.文系・理系の垣根を取り払った文理融合的なものの見方、人間・社会・自然・歴史・世界などに対する幅広い視野を培い、人生の基盤となる思想を養う
  2. 2.市民として社会に主体的に働きかけて生きていくための実践力を養う

この2つの教育方針を歯車のようにかみ合わせ、現代教養科目、自己形成科目において、時代に即した教養教育を提供していきます。
また本センターのもとに置かれた新「チャレンジセンター」を通して、教員と職員が協働しながら、学生の社会的実践力を育成するプロジェクト活動の支援にも取り組んでいます。

本センターでは、2018年度の新カリキュラムからパブリック・アチーブメント型教育(学生に社会の構成員であるという自覚を促し、社会に関わろうとする自発的な意識を育成する教育)の基礎となる科目も担当していきます。