課程資格教育センター

課程資格教育センターは、高校・中学の教員資格取得のための教職課程、図書館の司書や司書教諭資格取得のための司書課程、博物館の学芸員資格取得のための学芸員課程の3課程で成り立っています。また、教職課程には都道府県や市町村の教育委員会にあって、地域の人々の社会教育活動を援助する社会教育主事資格取得のためのコースも併設しています。

本学に入学した学生、あるいはすでに本学を卒業して社会人となっている人々が、自らの専門分野をさらにいかして、多くの人々の生涯学習のための指導的立場としての資格を得ようと、本センターで開講する科目を学んでいます。

また、進展する社会の動きを機敏に判断して、生涯学習社会に有効な理論を構築し、手法を改善する種々の研究も、教育と同様に本センターのなすべき役割であると考えています。そのため、3課程、あるいは一人ひとりの教員が学会、その他の場を活用して様々な研究に従事しています。