国際教育センター

国際教育センターは、本学のグローバル化を実現するため、日本人と海外からの留学生を対象にした語学教育をはじめ、海外派遣留学プログラムや各国の学生に向けた短期研修受け入れといった教育プログラムの企画・運営などを担当しています。本学は創立以来「人間と科学技術の調和を基調とし、教育と研究を通した世界平和実現に向けた活動」に取り組んでおり、本センターはその目標に向けて教育を核とした国際交流・グローバル化を推進すべく、2016年に4つの部門:英語教育部門、国際言語教育部門、国際教育部門、留学生支援教育部門、およびセンター事務室の5つの協力体制で構成されることになりました。

英語教育部門では、1・2年次の英語必修科目を運営するほか、全学生を対象に多様な英語選択科目を提供しています。また、英語スピーチ・コンテストやライティング・コンテストの開催、英語学習支援室(E-Navi)での学習指導などを通じ、学生の英語力アップをサポートしています。

国際言語教育部門では、6言語(中国語・フランス語・ドイツ語・コリア語・ロシア語・スペイン語)の入門・初級・中級・特定プログラム(上級)など様々なレベルの授業を提供しています。したがって、学生は自分の興味やレベルに合った科目を自由に学ぶことができます。これらの言語の受講生は、学外の全国規模のスピーチ大会で優秀な成績を収めたり、就職に活かしたりするなどの実績を上げています。国際言語教育部門では、その他、イタリア語・インドネシア語・タイ語などの授業も開講しています。

国際教育部門では、日本人学生のみならず外国人学生のために、「現代日本」の様々な諸相を学ぶことができる「日本学副専攻」を開講しています。この副専攻では国際社会で通用する人材育成のために、全ての開講科目は英語で講義をしています。将来、留学やグローバル企業への就職を考えている学生にとっては英語力を伸ばすだけ、日本の最新事情を自ら発信することができまさに時代に即した副専攻科目と言えるでしょう。また、特別教育の実施など、留学生増加に向けた展開や日本人学生の海外留学の促進、語学中心であった留学プログラムの再構成等にも取り組んでいきます。

留学生支援教育部門では、本学への進学を目指す留学生を対象にした「別科日本語研修課程」、協定先からの交換留学生を対象にした「日本語教育特別講座」、本学の学部留学生を対象にした「留学生課程」を担当しています。日本トップレベルの日本語教育を展開しているほか、「日本語教育法副専攻」や日本語教師を目指す学生向けの「日本語教育学特定プログラム」も開講しています。

事務室では、本学が有する海外調査研修船「望星丸」で諸外国を訪問する「海外研修航海」や各国の大学や政府・研究機関との協定に基づいて学生を派遣する「海外派遣留学」、日本文化や最先端の科学技術を学ぶ外国人向けの短期研修「Tokai Cool Japan」をはじめ、多彩なプログラムを運営しています。また本学で学ぶ留学生の学修、学生生活支援も行っています。

本センターでは今後も、カリキュラムの充実や海外留学プログラムの拡充、日本人も留学生も快適に学べる環境の整備に取り組み、大学のグローバル化に貢献していきます。