2016年度カリキュラム

年度によっては、開講期を変更することがあります。

生物資源科学コース・生命科学コース

在学中に専攻する専門課程の科目について、必修・選択科目を通じて30単位以上修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上で研究指導教員を通じて修士論文を研究科長に提出し、最終的にその審査および最終試験に合格すること。

分野・領域 グレードナンバー 授業科目 必選 単位数 開講期間(1週当りのコマ数)
春学期 集中 秋学期 集中
共通 700 農学特別研究1      
700 農学特別研究2      
700 農学特別研究3      
700 農学特別研究4      
700 農学演習1      
700 農学演習2      
700 応用農学演習1      
700 応用農学演習2      
600 ゲノム科学特論1 ×      
600 ゲノム科学特論2 ×      
600 植物保護学特論1 ×      
600 植物保護学特論2 ×      
600 動物生産環境学特論1 ×      
600 動物生産環境学特論2 ×      
600 熱帯農学特論 ×   15    
600 農薬学特論 ×       15
600 植物制御学特論 ×       15
600 動物生理学特論 ×   15    
600 農学特別講義A ×       15
600 農学特別講義B ×   15    
生物資源科学 600 園芸学特論1 ×      
600 園芸学特論2 ×      
600 植物遺伝育種学特論1 ×      
600 植物遺伝育種学特論2 ×      
600 資源作物学特論1 ×      
600 資源作物学特論2 ×      
600 動物生体機能調節学特論1 ×      
600 動物生体機能調節学特論2 ×      
600 動物遺伝繁殖学特論1 ×      
600 動物遺伝繁殖学特論2 ×      
600 家畜飼養管理学特論1 ×      
600 家畜飼養管理学特論2 ×      
600 植物栄養学特論 ×   15    
600 動物習性学特論 ×   15    
600 動物疾病学特論 ×      
生命科学 600 生化学特論1 ×      
600 生化学特論2 ×      
600 食品機能化学特論1 ×      
600 食品機能化学特論2 ×      
600 有機機能分子化学特論1 ×      
600 有機機能分子化学特論2 ×      
600 プロテオミクス特論1 ×      
600 プロテオミクス特論2 ×      
600 食品衛生学特論 ×       15
600 分子動態学特論 ×   15    
600 微生物工学特論 ×       15

最新年度のカリキュラムへ戻る