生物科学研究科 生物科学専攻(博士課程)

研究科・専攻の教育研究上の目的及び養成する人材像

生物科学研究科は、全生物を対象とし、これらを分子レベルから、細胞、組織、個体、集団、群集レベルまでの各スケールを包括した総合的または先端的で高度な生命科学教育研究を実践する。生物科学を基礎から応用までの実践科学と位置づけ、所属する多彩な研究者や研究施設を効果的に糾合・活用し、生命現象の発現・調節にかかわる機能の解明から、生物資源の生産・開発と高度利用までを目指した研究・教育を行う。このため、生命現象の基礎研究とその応用を追究する「生命科学コース」と基礎研究に根ざした生物資源の高度利用をめざす「生物資源科学コース」を設置した。両コースは密接に連携し、実践力と広い見識を持つ生物科学研究者・技術者の養成を目指す。そして、国内外の学術交流を深めて国際感覚を有し、人類および社会が今後遭遇し得る諸問題を発見する高い能力を持ち、その問題を生物科学的アプローチで倫理的かつ自律的に解決できる人材の養成を行う。

研究科の学位授与基準

当研究科において博士の学位を授与する場合に修得すべき能力についての到達基準を以下に示す。

  1. (1)当該分野についての深い専門的知識と、関連分野の基盤的知識を有すること。
  2. (2)当該分野における科学者・技術者倫理について理解し、遵守する能力を有すること。
  3. (3)研究意義・目的、研究の着手に至る問題発見についての十分な説明能力を有すること。
  4. (4)既往の研究について文献調査等の情報収集を行う十分な能力を有すること。
  5. (5)科学的手法を用い、オリジナリティーのある研究を推進し、問題解決できる能力を有すること。
  6. (6)研究結果について想起される問題点、展望を含めた深い総合的洞察力を有すること。
  7. (7)学位論文発表会、国際会議で研究発表・討議できる国際的プレゼンテーションスキルを有すること。
  8. (8)論文審査基準に従った学位論文、学術論文作成能力を有すること。

研究科の学位論文審査基準

学位論文は下記の基準すべてを最低限満足するものでなければならない。

  1. (1)学位論文の作成基準に従って作成されていること。
  2. (2)学位論文に関連する原著論文の全共著者が学位論文の提出に同意していること。
  3. (3)科学的・技術的にオリジナリティーある内容であり、結論が明確に示されていること。
  4. (4)記述内容が上記の「学位授与基準」で示された到達基準と矛盾するものでないこと。

また、学位論文発表会ならびに口頭試問において最低限満足すべき基準は以下のとおりである。

  1. (1)発表方法等に関する規定を順守して行われ、発表態度が良好であること。
  2. (2)発表ならびに提示資料は、明瞭で要点を押さえたものであること。
  3. (3)質疑に対して、論点を押さえ明確に答えることができ、建設的議論ができること。
  4. (4)発表内容が上記の「学位授与基準」で示された到達基準と矛盾するものでないこと。

各コースの概要

生物資源科学コース

本コースは、これまで交配が中心であった育種の分野で、遺伝子組み換えや細胞融合などのバイオテクノロジーによってまったく次元の異なった品種改良の道を拓くなど生物生産産業に技術革新をもたらしている時代を迎え、動物、植物、微生物、海洋生物などが示す多彩な生物現象を高次な機能として捉え、その機能発現の原理の解明を目指す。

さらに、それを陸上生物の生産・開発に応用するとともに、未知の有効成分の宝庫として、さらに膨大なバイオマスを埋蔵する海洋資源を高度に利用する先端的な研究・技術開発への展開を推進する。また、これらの生物生産において環境科学の観点から生命をとらえることで、環境負荷の軽減や地球環境生態系の保全に寄与する研究・開発を展開する。

生命科学コース

本コースは、植物、動物、微生物といった従来の生物学の枠組みにとらわれることなく、生命現象を分子、細胞のレベルで解明するとともに、それらがつくる生物システムを統合的に理解することを目標としている。そのために生体構成成分である遺伝子、タンパク質、糖質、脂質、生体有機化合物の構造と機能の解明、それらを発現・制御する細胞の分子機構の解明を、特に近年発展の著しい、ゲノミクス、グライコミクス、プロテオミクス、バイオインフォマティクスなどの諸手法を用いて研究し、さらに、それらを基礎として生物システムを考察するシステムバイオロジーの手法を駆使して研究を展開する。