カリキュラム

2014年度カリキュラム

年度によっては、開講期を変更することがあります。

「航空宇宙学研究ゼミナールI」~「航空宇宙学研究ゼミナールIV」の4科目各1単位を含めて32単位以上を修得し、修士論文の審査並びに最終試験に合格すること。

研究科共通選択科目

グレードナンバー 授業科目 単位数 開講期間(1週当りのコマ数)
春学期 集中 秋学期 集中
500 TECHNICAL ENGLISH
FOR ENGINEERS ※
     
500 ENGLISH PRESENTATION
FOR ENGINEERS ※
     

研究科共通科目のTECHNICAL ENGLISH FOR ENGINEERS, ENGLISH PRESENTATION FOR ENGINEERS については、ネイティブ教員により行われ、専攻をまたがっての開講とするため修了要件の単位数としては認定するが、その扱いは、大学院学則第15条2項によるものとし運用を第19条3項とする。

専攻科目

グレードナンバー 授業科目 単位数 開講期間(1週当りのコマ数)
春学期 集中 秋学期 集中
700 航空宇宙学研究ゼミナールI      
700 航空宇宙学研究ゼミナールII      
700 航空宇宙学研究ゼミナールIII      
700 航空宇宙学研究ゼミナールIV      
500 応用数学特論      
500 先端科学技術特論      
500 航空宇宙材料特論      
600 軽構造力学特論      
600 弾性力学特論      
600 振動工学特論      
600 流体力学特論      
600 高速空気力学特論      
600 飛行力学特論      
500 燃焼工学特論      
600 航空推進工学特論      
600 ロケット推進工学特論      
600 電気推進工学特論      
500 線形制御システム特論      
600 最適制御システム特論      
500 デジタル信号処理特論      
500 宇宙計測学特論      
600 宇宙探査工学特論      
600 地球気候力学特論      
600 大気環境科学特論      
600 地球磁気圏科学特論      
600 太陽惑星環境科学特論      
500 プラズマ理工学特論      
500 宇宙電磁力学特論      
600 観測天体物理学特論      
600 宇宙物理学特論      
600 AERONAUTICAL ENGINEERING      
600 SPACE SYSTEM ENGINEERING      
600 圧縮性流体力学特論I      
600 圧縮性流体力学特論II      
600 マイクロ加工学特論      
600 トライボロジー特論      
600 ロボット工学特論      
600 マルチボディダイナミクス特論      
600 ADVANCED DYNAMICS      
600 STATISTICS FOR ENGINEERS