カリキュラム

2014年度カリキュラム

年度によっては、開講期を変更することがあります。

「土木工学研究ゼミナールI」~「土木工学研究ゼミナールIV」の4科目各1単位を含めて32単位以上を修得し、修士論文の審査並びに最終試験に合格すること。

研究科共通選択科目

グレードナンバー 授業科目 単位数 開講期間(1週当りのコマ数)
春学期 集中 秋学期 集中
500 TECHNICAL ENGLISH
FOR ENGINEERS ※
     
500 ENGLISH PRESENTATION
FOR ENGINEERS ※
     

研究科共通科目のTECHNICAL ENGLISH FOR ENGINEERS, ENGLISH PRESENTATION FOR ENGINEERS については、ネイティブ教員により行われ、専攻をまたがっての開講とするため修了要件の単位数としては認定するが、その扱いは、大学院学則第15条2項によるものとし運用を第19条3項とする。

専攻科目

グレードナンバー 授業科目 単位数 開講期間(1週当りのコマ数)
春学期 集中 秋学期 集中
500 応用力学特論      
600 構造力学特論      
600 構造工学特論      
500 土質力学特論      
600 テラメカニックス特論      
600 地下水工学特論      
500 連続体力学特論      
500 統計学特論      
500 解析数学特論      
600 構造振動学特論      
600 計算工学特論      
600 固体力学特論      
500 材料科学特論      
600 構造材料工学特論   15    
600 コンクリート工学特論   15    
600 維持・補修工学特論      
600 コンクリート構造工学特論      
600 圧密特論      
600 液状化特論      
600 環境地盤工学特論      
500 応用水理学特論      
600 河川水理学特論      
600 海岸水理学特論      
600 環境水理学特論      
600 上水道工学特論      
600 下水道工学特論      
600 排水および廃棄物処理特論      
600 水環境学特論      
600 流体力学特論      
500 連続体解析特論      
600 施工技術特論      
600 都市および地域計画特論      
600 アーバンデザイン特論      
600 都市開発システム特論      
600 都市マスタープラン特論      
600 建築空間計画特論      
500 建築家職能特論      
500 先端建築環境技術特論      
600 建築パッシブシステム計画特論      
600 建築基礎設計特論・同演習      
500 建築非構造材料特論・同演習      
700 土木工学研究ゼミナールI      
700 土木工学研究ゼミナールII      
700 土木工学研究ゼミナールIII      
700 土木工学研究ゼミナールIV