工業化学専攻(修士課程)

2015年度以前入学生

工業化学はあらゆる科学との係わりが深く、その研究の成果が新たな化学を生み、自然科学分野のみならず産業界においても中心的役割を果たしている。すなわち、工業化学は、様々な自然科学の研究成果を私たちの生活や健康に結びつける学問といえる。

本専攻では、その専門領域に合わせて精選された独自のカリキュラムにしたがい、研究教育指導を行っている。修士課程では、生命化学科・応用化学科の教育に引き続いて有機化学や無機化学、物理化学、生化学、化学工学などに関する専門的学識を高める。また、研究指導教員の指導のもとに修士論文作成のための研究実験を行い、研究者・技術者として必要な実験技術や独創的研究開発能力を育成する。

工業化学専攻の教育方針

本専攻では、東海大学の建学の精神および工学研究科の理念に基づき、生命科学や応用化学の分野における文化の創造的発展と人類の福祉に貢献することを目的とする。そのため、専門領域に合わせた教育研究指導を行い、高度な専門的学識や独創的研究開発能力を授ける。これを踏まえて本専攻の教育施策を以下に示す。

  1. (1)化学をベースとした各種学問の基礎と応用を重視する
  2. (2)化学的・生命科学的さらには工学的なものの見方・考え方を重視する
  3. (3)大学院生の個性と多様な志向を尊重する
  4. (4)実験などの研究活動を通して、技術力だけでなく観察力・発想力などを養い、創造性・独創性を高める
  5. (5)学会活動に積極的に参加できるよう研究指導し、特に国際会議への参加を勧め、プレゼンテーションの能力を高める
  6. (6)他研究機関との交流を盛んに行うことで、研究水準を高め、研究の活性化を図る
  7. (7)教員とのコミュニケーションの機会を多くもち、社会人としての自覚と人格を重視した教育を行う

工業化学専攻が養成しようとする人材

研究者・技術者として活躍できる、独創性の高い研究開発能力や優れたコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、国際性を兼ね備えた人材を育成する。

将来の就職先

修士課程修了者は、主に化学を基盤とした産業界において技術者や研究者など、専門性を活かした職業に従事している。

学生募集停止について

工業化学専攻は2016年度入試より学生の募集を停止します。
在学生には、修了まで責任を持って教育を提供してまいります。
なお、同専攻の教育・研究分野は2016年4月設置の工学研究科応用理化学専攻に引き継いで行います。