情報理工学専攻(修士課程)

2015年度以前入学生

高度情報の社会基盤化の激流の中において、健全な倫理観、確固たる知識、専門的なスキルを併せ持ち、国際社会に貢献できる人材を育成することは今日の大学院教育に課せられた重大な使命である。この使命を果たすため当専攻では、建学の精神および工学研究科の理念に則り、情報の学術理論に基盤を置くと共に、人間情報システムや機器制御への応用といった学際領域に対する考え方、知識、技術を教授するための教育・研究を展開する。これにより情報社会基盤の動的変化に対応しながらもその普遍的本質を俯瞰できる深い学識と卓越した能力を涵養し、次世代の情報技術の萌芽となる新概念の創出や独創的なハード・ソフトウエアの開発ができる研究者・技術者の育成を目指す。

情報理工学専攻が養成しようとする人材

本専攻が養成しようとする人材ならびにそのための教育目標は以下のとおりである。

  1. (1)高い見識と健全な倫理観を併せ持ち、真に社会に貢献できる研究者・開発者の育成
  2. (2)情報社会基盤の本質を俯瞰し、動的変化に耐えるための強靭な基礎力の養成
  3. (3)応用や実践に役立つ高度な専門知識の教授
  4. (4)英語教育の実践などを通じた国際感覚の涵養
  5. (5)学際領域に対応しうる柔軟で創造性豊かな発想力の養成

カリキュラムの特色

上述の教育目標達成のため本専攻では、基礎から先端的内容まで分野毎に系統的に学修できるよう配置された、以下のような科目群を編成する。

  1. (1)基礎理工学分野(数学、情報数理学、基礎物理学、基礎工学、語学など)
  2. (2)情報科学分野(計算機科学、生体・脳情報処理、複雑系・量子情報処理)
  3. (3)コンピュータ関連分野(コンピュータシステム、組込みシステム、知能情報処理)
  4. (4)制御システム関連分野(ロボット、乗物、制御機器、コンピュータ制御)
  5. (5)情報メディア分野(情報処理技術、ネットワーク技術、ディジタルコンテンツ技術)
  6. (6)情報通信関連分野(無線通信、電磁波工学、ネットワーク)

学生募集停止について

情報理工学専攻は2016年度入試より学生の募集を停止します。
在学生には、修了まで責任を持って教育を提供してまいります。
なお、同専攻の教育・研究分野は2016年4月設置の工学研究科電気電子工学専攻に引き継いで行います。