健康科学研究科(修士課程)

研究科の教育方針

近年の保健医療福祉をめぐる社会情勢は、医療とその関連技術の高度化、高度情報化に伴う専門化、地域医療システムの変動など、ますます複雑化し専門分化されてきています。また、人々の価値観とニーズも多様化し、21世紀の社会は、より高度で総合的な専門的知識と技術、そして豊かな人間性を兼ね備えた資質の高い保健医療福祉関係の人材を必要としています。本学は、創立者松前重義博士が示した精神文明と物質文明の調和を基調とする人道主義を建学の精神とし、それに基づく教育方針にしたがって、広い視野を備えた有能な人材を養成すべく教育と研究の充実に努めています。この建学の精神を、さらに発展させるために、そして複雑化、多様化する社会の要請に応えるために、健康科学研究科が設置されました。

わが国においては、現在、超高齢化、少子化の急速な進展や家族形態の変化、疾病構造の変化、格差社会の実情などから、保健医療福祉サービスに対する社会のニーズが増大しつつあります。特に、超高齢化に伴い、要介護高齢者が急増しており、一方では非正規雇用や貧困に起因する社会不安からの虐待や、依存症などが増加し、これらに対する看護、保健福祉サービスをどのように構築すべきかは、緊急かつ重要な課題です。さらに、健康寿命を延長するために、成人期をどのように生き、充実して健康に過ごすかに関心が高まっています。以上のような成人期以後の切実な問題がある一方で、わが国の未来を攫う青少年期の精神保健上の問題も日々深刻さを増しています。

これまで、看護・保健福祉は比較的狭い範囲内で、それぞれが縦割りともいえる領域、組織でその役割を果たしてきました。しかし、今日にあっては、高齢化・少子化の流れ、施設から地域・在宅へという動き、グローバル化および情報社会の中で複雑化、多様化する社会のニーズに対処するためには、保健医療福祉サービスの統合化が強く求められています。このような社会のニーズに対応するためには、「医療、看護、保健、福祉の領域が従来の専門性の枠を乗り越え、より総合的な視野に立った保健医療福祉サービスの統合化の実現」を理念として、新たな指導的な立場をとる高度実践専門職を養成することが必要です。

保健医療福祉において、高度実践専門知識を備えた人材が必要であるとの時代の要請に応えて、近年、看護・福祉系大学が全国に数多く開設されています。その看護・福祉系大学における教育要員を養成するためにも、本研究科には大きな期待がよせられています。我々は期待に応えるために保健医療福祉の実践の場では指導的な役割を担う専門職の養成を、また高等教育機関においては教育研究要員の養成を教育目標としています。

これまでの実績を踏まえ、看護学専攻では基盤看護学系、健康支援看護学系、臨地実践看護学系の3系を柱として、学生の多様な学習や研究ニーズに応えるために、合計10の幅広い領域を設定しています。また専門看護師を目指す学生のために5つの看護領域で教育を行っています。保健福祉学専攻では、保健福祉フィールドにおいて最先端の理論や研究方法を学びながら、実践課題を分析する手法と問題解決スキルを身につけることを目的としています。また、修士論文研究においては、学生自らが研究計画に相応しい教員を選択し、必要に応じて自由に幅広く指導を受けることのできるリサーチコミッティ制を採用して創造的な研究活動を支援しています。

本研究科では、以上のような新たな指導体制のもとに、今後も現場のニーズに即応できるような高度な専門知識と実践スキルを身につけた高度実践専門職の養成と高等教育機関における教員養成を目指していきます。

研究科の学位授与基準

保健医療福祉の実践の場および教育・研究機関において求められるより高度で総合的な専門的知識と技術、豊かな人間性を有していること。

研究科の学位論文審査基準

下記の基準を満たしたうえで、各専攻の定める基準に達していること。

  1. (1)論題が解りやすく簡潔であり、先行研究の整理と問題設定が適切になされている。
  2. (2)章立てを含め、論述の構成が適切である。
  3. (3)適切な研究方法が用いられている。
  4. (4)目的、結果、考察が適切かつ明快に記述され論じられており、設定した問題の解明がなされている。
  5. (5)倫理的配慮がなされている。