情報工学専攻(修士課程)

産業現場や社会活動のあらゆる場所においてコンピュータが存在し、コンピュータ同士が自律的に連携して、人間の生活を支援するユビキタス社会を支えるのが情報工学であり、従来に増してその役割は重要になっている。情報工学は、ハードウェア系の学問とソフトウェア系の学問が有機的に結びついて体系化されている。本専攻は、情報工学の基盤となるカリキュラムを幅広く配置し、「ハードウェア技術」あるいは「ソフトウェア技術」のどちらかを重点的に、あるいはバランスよく学べるようにしている。

カリキュラムは「特論」と「研究ゼミナール」とで構成されている。「特論」は、情報基礎理論、ソフトコンピューティング、コンピュータアーキテクチャー、組み込みシステム、情報通信ネットワーク、画像処理、情報システム、ヒューマン情報および地球環境情報などの幅広い分野の科目から構成されている。学生が自らの関心に沿って履修計画を立てられるよう選択科目にしている。学部段階の知識を確認するための導入科目や、異分野からの進学者が専門内容の全体像を把握するための通論科目も用意している。また、周辺分野の基礎的素養を涵養するため、他専攻の科目を履修することを勧めている。

一方、「研究ゼミナール」は必修科目であり、社会人として必須な追求力・問題解決力を高めるための素養を習得する。すなわち、文献・資料の検索、実験装置の使い方、データのまとめ方、分析の方法、文章の書き方、日ごろのディスカッションの仕方などを、実際の訓練を通してマスターする。また、学内発表や学会発表などの経験を通して、プレゼンテーション技法、議論できる能力を高める。

情報工学専攻が養成しようとする人材

情報工学専攻では次のような人材を育成したいと考えている。

  1. (1)産業工学研究科の共通目標
    • 複眼的な思考力を身につけた技術者(専門性と学際性の両面を素養として持つ技術者)
    • 基礎力を現場で応用できる技術者(技術革新や産業構造の変化に自らの努力で対応できる技術者)
  2. (2)情報工学専攻の目標
    • ハードウェア系またはソフトウェア系情報工学の一方を重点的に、かつ他方を副次的に習得した実践的技術者