情報通信学研究科 情報通信学専攻(修士課程)

本研究科では、世界的に熾烈な競争下にある情報通信分野において、国際的にも通用する深い学識と卓越した技術力を有する人材を育成することを教育研究上の目的とする。教育研究の対象とする中心的な学問分野と主な内容は次の通りである。

「情報メディア学」
画像処理、音声処理、言語処理、感性情報処理、認知科学、空間情報処理など

「組込みソフトウェア工学」
組込み技術、ソフトウェア工学、計算機工学、制御工学、集積回路工学など

「経営システム工学」
人間工学、品質管理、オペレーション・リサーチ、マーケティング、金融工学など

「通信ネットワーク工学」
通信ネットワーク、情報セキュリティ、ネットワークコンピューティング、デジタル信号処理、ネットワーク情報検索など

本研究科の大学院生には、これらの何れかの専門分野を中心に教育と研究の指導を行う。また、関連分野を横断的に学ぶことができる教育課程を編成しているため、専門分野に関する高度な専門知識と技術力に加え、幅広い関連知識を教授する。これによって、研究者として必要な高度な情報通信分野の研究・開発能力、技術者に求められる技術の高度化・高品質化を担う能力を育成する。

情報通信学研究科が養成しようとする人材

技術革新が目覚しい情報通信学および情報通信技術に関するより高度な知識および技術を学び、研究を行うことにより、高度な専門知識および技術力を修得し、企業等の第一線において国際的に活躍できる研究者および技術者となるための実力を身につけた人材を養成する。具体的には、次に掲げる能力を身につけた人材を養成する。

  1. (1)各技術分野に関する基礎および本質に関する深い理解力と、高度な専門知識および技術力
  2. (2)困難な課題に対して問題を抽象化する力、および問題解決手法を導き出せる応用力
  3. (3)社会において、身に付けた能力を実学として活かせる実行力

研究科の学位授与基準

以下に定める能力を有していると認められる者に修士の学位を授与する。

  1. (1)情報通信学に関する高度な専門知識と技術力を身につけ、それらを応用できる能力。
  2. (2)問題解決のための方策を立案し、それを実践できる能力。
  3. (3)専門知識と技術をバランス良く身に付け、社会の発展に積極的に貢献できる能力。
  4. (4)研究成果を学会等において発表・質疑応答ができる能力。

研究科の学位論文審査基準

学位論文の審査基準は以下の通りとする。

  1. (1)研究指導教員の指導のもとで自身の力によって研究を遂行し、その結果をまとめたものであること。
  2. (2)研究内容に当該分野における新規性が認められること。
  3. (3)研究背景、目的、結論、考察等が適切に記述されていること。

なお、審査は研究指導教員以外の教員を含む複数教員によって行う。

情報通信学専攻の教育目標

本専攻では、情報通信学研究科の教育研究上の目的を実現し、国際的に活躍できる研究者および技術者を養成するために、次の諸点を重視した科目編成と教育方針をとる。

  1. (1)情報メディア学、組込みソフトウェア工学、経営システム工学、通信ネットワーク工学の4分野の科目群を設けて、各分野の高度な専門知識および技術を学修すると共に、科目群にまたがって横断的に学ぶことができるカリキュラム構成とする。
  2. (2)情報通信学および情報通信技術に関する先端技術の研究、開発に携わることができるよう、研究実績の豊富な教員による高度な専門教育および研究指導に加え、実務経験を有する教員による実用的技術の教育、研究指導を行う。
  3. (3)研究指導教員一人当たり5名程度という少人数の研究指導体制を実現し、指導教員との質疑討論および研究経過や成果のプレゼンテーションを行うことにより、高い表現能力およびコミュニケーション能力を身につけるよう指導する。
  4. (4)修士研究において学生同士が切磋琢磨して研究を進めるよう研究指導を行うと共に、学生に一定の責任と権限を与えて、研究開発プロジェクトの進捗・管理能力を高めるよう教育を行う。

上述した科目編成の考え方に基づき、専門共通科目と専門分野別科目の2つの科目区分を設定し、専門分野別科目は、情報メディア学科目群、組込みソフトウェア工学科目群、経営システム工学科目群、通信ネットワーク工学科目群を設ける。専門共通科目および専門分野別科目の各科目区分は、次頁に示す科目から構成される。専門分野別科目については、本研究科修了後の進路を考慮して、学修を希望する何れかの科目群を中心に履修を行う。修了単位数は必修科目6単位を含む30単位とし、情報通信学および情報通信技術に関する研究者および技術者として自立的に行動できるレベル(それぞれのキャリアのミドルレベル)を目指す。