日本文学専攻(博士課程<前期・後期>)

日本文学専攻は、日本文学研究コース(博士課程前期・後期)および日本語教育学コース(博士課程前期)の2コースから成っている。以下、それぞれのコースにおける教育方針並びに教育目標について述べる。

〔日本文学研究コース〕本コースは、日本文学および日本語学についての基礎的な研究能力を養い、高度で指導的役割を果たせる教養人の育成に資すると共に、専門的かつ創造的な研究能力・教育能力を培い、日本文学および日本語学についての次代を担う専門研究者や教育者を養成することを目標としている。また、この二つの目標のいずれにおいても、日本人および日本文化の特性を、他国の文化・言語などとの比較において明らかにすると共に、世界に存在する文学や言語の普遍性にも目を向けようとする開かれた柔軟な姿勢を維持することが重要と考える。

今日、国際化・グローバリズムの大きなうねりの中で、日本文学並びに日本語の固有性・特性への固執は、ともすれば、保守的な姿勢の提示として受けとめられがちであるが、私たちは、固有性への掘り下げとその世界文化内における特殊な価値を明らかにすることなしには、日本文化が世界文化の発展に寄与することは不可能であると考える。

ひるがえって、過去の日本文化の遺産に想いを致すとき、世界レベルにおいてその固有の価値を主張することのできる最も優れた達成として、文学の領域が存在することは、何らの疑いもなく自明に属する。このような共時的かつ通時的認識に基づき、他国の文化・言語に対する開かれた姿勢を維持しつつ、日本文学並びに日本語に対する研究に邁進し、その価値を明らかにし、成果を内外に示すことを、日本文学研究コースの最も重要な目標と考える。

以上のような観点から、本コースにおいては、修士論文並びに博士論文作成に資する「日本文学研究法」を中核に、上代・中古・中世・近世・近代・日本語学(国語学)および漢文学のそれぞれの分野における特殊講義・文献研究・演習の各科目ジャンルを設定している。

教員と院生との自由で活発な討議を基盤として、院生の主体的な問題意識を発展させ、広く学界に発信するための機関として『東海大学 日本語・日本文学 研究と注釈』を刊行している。日本文学科機関誌『湘南文学』への論文掲載並びに教員との共同執筆としての『東海大学紀要(文学部)』への発表も奨励されるべきことである。

なお、博士課程後期の学業の成果としての博士論文の執筆もますます盛んとなることが期待される。本専攻における日本人・外国人の博士号授与者数は既に10人を数えている。

〔日本語教育学コース〕「日本語教育学」は、日本語を母語としない人々に日本語を教えるための学問分野である。日本語学習者は日本国内のみならず海外でも増大している。その社会的ニーズに応えるべく、本コースでは日本語教育学の研究者および日本語教育の優れた実践家の養成を目標としている。

日本語教員養成において必要とされる教育内容としては、社会・文化・地域に関する領域、言語と社会に関する領域、言語と心理に関する領域、言語と教育に関わる領域、そして言語そのものに関わる領域があげられる。したがって、研究者として文法、音声、語彙など日本語そのものの仕組みを知ることはもちろんのこと、学習者の学習過程など心理学や教育学分野における知見、および学習者がおかれている社会や文化に関する知見も必要である。本コースでは、これらの分野に関して基礎的な知識や研究方法を身につけるとともに、自らの問題意識に基づき、日本語教育のさまざまな分野から問題を発見し、研究を行う。

また、本学の日本語教育学コースの特色は、理論と現場との連携が行われていることである。国際教育センターの協力により、本コースの学生は全員、別科日本語研修課程の留学生を対象に教育実習を行う。将来日本語教師を目指す者にとって留学生を対象に日本語教育の実際を体験できることは大きな強味であり、現場での体験は研究に大いに貢献するはずである。現場の問題意識を研究につなぎ、研究の成果を現場に生かしていくことが本コースの教育方針である。

日本文学専攻が養成しようとする人材

〔日本文学研究コース〕本コースでは、(1)日本文学・日本語研究の分野で専門的研究者となりうる自発的能力を有する人材(2)日本文学および日本語について深い知識と理解をもち、それらを通じての自己開発や日本文学および日本語学の社会的普及に積極的に寄与しうる人材(3)中学・高校における国語教育の分野で教師としての優れた指導性と実践性を発揮できる人材(4)将来を通じて国際的に貢献しうる深い知識と実践的能力とを併せ有する人材を養成することを教育目標としている。

〔日本語教育学コース〕日本語学習者の増加に伴い、日本語教育の専門家、教員の需要はますます高まり、その養成が求められてきている。本コースでは、その社会的ニーズに応えるべく、日本語教育学について専門的な研究能力と実践力を培い、次代を担う優れた日本語教育の専門研究者および実践家を養成することを教育目標としている。

○上記の専攻の目標を達成するために以下の項目を実現する。

  1. (1)博士課程前期、後期を問わず、年に1回「大学院研究発表会」を開催し、教員、院生全員による批評、検討を行う。
  2. (2)博士課程後期において、2年間に最低1本の研究論文が学術雑誌に採用されるように指導する。