カリキュラム

2014年度カリキュラム

年度によっては、開講期を変更することがあります。

「……学研究ゼミナールI」・「……学研究ゼミナールII」・「……学研究ゼミナールIII」・「……学研究ゼミナールIV」計4単位を修得し、更に「……特論」を計28単位以上修得し、併せて32単位以上を修得し、修士論文の審査並びに最終試験に合格すること。

グレードナンバー 授業科目 単位数 開講期間(1週当りのコマ数)
春学期 集中 秋学期 集中
700 海洋計測工学研究ゼミナールI      
700 海洋計測工学研究ゼミナールII      
700 海洋計測工学研究ゼミナールIII      
700 海洋計測工学研究ゼミナールIV      
700 海洋土木工学研究ゼミナールI      
700 海洋土木工学研究ゼミナールII      
700 海洋土木工学研究ゼミナールIII      
700 海洋土木工学研究ゼミナールIV      
700 海洋システム工学研究ゼミナールI      
700 海洋システム工学研究ゼミナールII      
700 海洋システム工学研究ゼミナールIII      
700 海洋システム工学研究ゼミナールIV      
500 海洋計測工学特論I      
600 海洋計測工学特論II      
500 ディジタル信号処理特論I      
600 ディジタル信号処理特論II      
500 海洋遠隔探査工学特論I      
600 海洋遠隔探査工学特論II      
500 海洋音響工学特論I      
600 海洋音響工学特論II      
500 超音波工学特論I      
600 超音波工学特論II      
500 海洋光学特論I      
600 海洋光学特論II      
500 沿岸海洋学特論I      
600 沿岸海洋学特論II      
500 海洋数値実験法特論I      
600 海洋数値実験法特論II      
500 海洋資料解析法特論I      
600 海洋資料解析法特論II      
500 操船運用特論I      
600 操船運用特論II      
500 航海システム特論I      
600 航海システム特論II      
500 物流システム特論I      
600 物流システム特論II      
500 構造力学特論I      
600 構造力学特論II      
600 土質基礎工学特論      
600 土質動力学特論      
600 計画学特論      
600 都市デザイン特論      
500 水理学特論I      
600 水理学特論II      
500 海洋構造物特論I      
600 海洋構造物特論II      
500 海洋環境工学特論I      
600 海洋環境工学特論II      
500 地盤基礎工学特論I      
600 地盤基礎工学特論II      
500 海岸工学特論I      
600 海岸工学特論II      
500 建設材料学特論I      
600 建設材料学特論II      
500 数値解析学特論I      
600 数値解析学特論II      
500 応用流体工学特論      
600 海事流体工学特論      
600 材料強度学特論      
600 海中潜水工学特論      
500 制御工学特論      
600 水中ロボット工学特論      
500 浮体運動システム工学特論      
600 船体運動システム工学特論      
500 船舶計画特論      
600 商船設計特論      
600 海洋システム設計特論      
500 海洋構造物計画特論      
500 海運経済システム特論I      
600 海運経済システム特論II      
500 貿易物流特論1      
600 貿易物流特論2      
500 システムの信頼性・安全性特論I      
600 システムの信頼性・安全性特論II      
500 海洋科学技術研究特論       15
500 環境生命科学研究特論       7.5