2014年度カリキュラム

年度によっては、開講期を変更することがあります。

修了には下記の要件を全て満たすこと。

  1. 1.下記の必修科目を修得すること。

    「体育学研究総論」「体育学研究法A」「体育学研究法B」、および研究指導を受ける教員が担当する「体育学研究I・II・III・IV」

  2. 2.合計30単位以上を修得すること。
  3. 3.修士論文の審査、並びに最終試験に合格すること。
領域 必選別 グレードナンバー 授業科目 単位数 開講期間(1週当りのコマ数)
春学期 集中 秋学期 集中
研究法 必修 500 体育学研究総論      
600 体育学研究法A      
600 体育学研究法B      
スポーツ科学 選択 500 体育哲学特論A      
600 体育哲学特論B      
500 スポーツ社会学特論A      
600 スポーツ社会学特論B      
600 体育心理学特論      
600 体育心理学演習     同2  
500 運動生理学特論      
600 運動生理学演習     同2  
600 スポーツ・バイオメカニクス特論      
600 スポーツ・バイオメカニクス演習     同2  
500 スポーツ方法学特論      
600 スポーツ方法学演習     同2  
応用スポーツ科学 選択 500 武道学特論      
500 スポーツ&レジャー特論A      
600 スポーツ&レジャー特論B      
600 スポーツ&レジャーマネジメント特論A      
600 スポーツ&レジャーマネジメント特論B      
600 体力学特論      
600 体力学演習     同2  
指導者養成 選択 500 コーチング特論A      
600 コーチング特論B      
500 トレーニング特論A      
600 トレーニング特論B      
500 応用スポーツ心理学特論      
600 メンタルトレーニング演習     同2  
500 体育教育学特論A      
600 体育教育学特論B      
研究ゼミナール 必修 700 体育学研究I      
700 体育学研究II      
700 体育学研究III      
700 体育学研究IV      
関連領域 選択 500 スポーツ運動学特論      
600 コーチング演習 同2      
600 フィジカルトレーニング演習 同2      
600 アスレチックトレーナー演習     同2  
500 生涯スポーツ特論      
500 体育経営管理学持論      
500 健康教育学特論      
500 スポーツ医学特論      
600 保健体育方法論A      
600 保健体育方法論B      
500 体育学文献講読A      
500 体育学文献講読B      
500 体育学特論A      
500 体育学特論B      
500 体育学特論C      
500 体育学特論D      

最新年度のカリキュラムへ戻る