物理学専攻(修士課程)

21世紀に入り、世界は更なる高度情報化社会の時代に突入し、さまざまな情報が飛び交い、新しい意識・価値観が生まれてきており、物理学を基本原理とする科学技術も高度化・巨大化するにつれて多様な価値観が持ち込まれ、人間の社会構造も大きく変わりつつあります。

しかしながら、いかなる時代になろうとも物理学の分野は確固たる位置を占めていますし、工業や産業の基礎を形成し、現代日本の経済的繁栄の最重要な礎であるといっても過言ではありません。物理学が経済や社会に与えた影響は計り知れず、物理学がすべての科学技術の基礎を担っているという事実を一時も忘れ去ることはできません。

物理学は本来より、素粒子、宇宙、生命、物質などの謎に挑み、着実にそれらの世界を明らかにしてきましたし、これらへの探求は我々に与えられた最大の知的ロマンといえるでしょう。このような物理学への好奇心と知的探求心を満足させることを第1の教育目標としています。そして21世紀の社会を背負って立つ新しい科学技術を創造する能力を持つ科学・技術者の育成を第2の教育目標としています。

このことは将来研究者の道を歩もうとする人にとっては非常に大切なことです。そのため講義・セミナーを通して基礎学力を高めるとともに、研究室に所属し研究活動を通じて自分自身で考え、理解し、創造できる能力が養われるよう指導していきます。

研究分野は超伝導・超流動、統一場理論、素粒子物理学、高エネルギー物理学などの理論物理学と高エネルギー宇宙、天体分光学、生命・分子複雑系物理学、レーザー・プラズマ物理学の電磁エネルギー物理学などの実験物理学から構成されています。修士課程でのこれらの研究を通じて、基礎科学としての深みのある物理学と、自然科学の多様な分野を開拓してきた広い視野を有する物理学の特徴を生かすことができる研究者としての基礎を固めて行きます。また、研究者として大成していくための次のステップとして、大学院博士課程で行われる本格的な研究活動へと容易につなげられるようにカリキュラムが設定されています。

教員と大学院学生諸君が相互に信頼しながら研究を進めていくためにも、専攻の学生諸君は、物理学への好奇心と知的探求心を常に持ち、積極的に行動してください。

物理学専攻が養成しようとする人材

物理学専攻は、新しい科学技術を創造して21世紀の社会を背負ってたつ能力を持つ人材を育成することにある。物理学専攻では超電導・超流動、統一場の理論、素粒子物理学、原子核物理学、宇宙粒子線物理学、生体高分子物理学とプラズマ・レーザー物理学といった研究で各教員が専門分野の基礎から徹底的に指導を行い「専門に対応できる基礎力」と「総合的な判断力」を身につけさせる教育を目的にする。これにより研究開発人材としての基礎を固め、将来企業や研究機関での研究開発の第一線で活躍できる実跡的実力を養う。