学びのスケジュール

“人類の健康的な生活を支える”という大きなテーマを掲げ、食品科学・生命科学の研究に取り組むのが本学科の特色です

1年次 農学を考える

科目

  • フレッシュマンゼミナール
  • 農学概論
  • 生物学
  • 化学
  • 英語リスニング&スピーキング1
  • 英語リーディング&ライティング1
  • 生物学実験
  • 食品加工基礎実習
  • 農学基礎実習
  • 理系リメディアル
  • 応用微生物学
  • 遺伝子工学入門  他

応用微生物学:食品科学関連科目

微生物は食品・医薬品製造など、私たちの身の回りで広範囲に利用されています。微生物を通じて日本の伝統的な発酵食品から発展著しいバイオテクノロジーについて解説すると共に、その有効利用技術について学びます。

2年次 講義・実験に取り組む

科目

  • バイオサイエンス基礎実験1・2
  • 発酵化学
  • 発酵醸造学
  • 食品バイオテクノロジー
  • 食品機能科学
  • 食品衛生学
  • 食品学
  • 植物病原微生物学
  • タンパク質化学
  • 天然物化学
  • 分析化学
  • 代謝化学  他

バイオサイエンス基礎実験:バイオサイエンス基礎科目

抗酸化活性の測定法など、最近注目されている食品の機能性成分を研究するために重要な実験方法と共に微生物培養、遺伝子、タンパク質操作や酵素実験の基礎を学びます。

3年次 研究室に入る

科目

  • バイオサイエンス実験1・2
  • 食品加工実習
  • バイオインフォマティクス演習
  • バイオサイエンス演習
  • 工場見学
  • 食品加工学
  • 植物バイオテクノロジー入門
  • 農業経営経済学
  • 生物統計学
  • 分子遺伝学
  • 理科教育法1・2
  • インターンシップ  他

食品加工実習 バイオサイエンス総合科目

食品製造の基礎を体験学習します。学生が実習で作成した製品は実際に一般販売されるため、製造から販売までの一連の過程を体験学習できるように授業設計されています。また、食品関連企業へ就職した場合に有用な食品衛生管理者・監視員の任用資格取得のためにも重要な授業となっています。

4年次 卒業研究

科目

  • 食品機能科学研究室
  • ゲノム情報科学研究室
  • タンパク質化学研究室
  • 微生物工学研究室
  • 生物化学研究室
  • 食品バイオ化学研究室
  • 食品生体調節学研究室
  • 天然物化学研究室
  • 植物病理学研究室

バイオサイエンス学科へ戻る