学びの分野

安全で安定した食料増産

  • 農薬や化学肥料に過度に依存しない環境を重視した作物、果樹、野菜、花などの栽培法や生理生態について学びます。
  • 天敵昆虫を用いて害虫の駆除を行う生物的防除技術など、安全で安定した食料増産を可能にするさまざまな技術について学びます。

最新の植物バイオテクノロジー

  • 地球的規模での食料危機に対応できるように、バイオテクノロジーなどの先端技術を用いた品種改良について学びます。
  • 食料危機に対応し、これまでまったく利用されてこなかった未利用植物資源の探索、保存などの先端技術の活用について学びます。

自然環境の保全

  • 森林や草原などの緑地の果たす役割や、植物の持つ多様な価値を明らかにすることで、いかに人間の生活環境の向上に役立たせるかを学びます。
  • 地球規模で進む砂漠化をいかに防ぐか、人類や生物の生存に適した環境をどのように守っていくかを学びます。

アドミッションポリシー

応用植物科学科では、本学科の教育目標「環境を重視した食料生産、先端技術の活用、環境の保全について講義だけでなく実験実習を通して生命の根源を理解し、理論だけでなくヒトと自然との共生に貢献する人材を養成する」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

応用植物科学科へ戻る