生物学科

北海道の大自然を「フィールド」にした調査と、「ラボ」での専門的な実験を通して、生命科学への理解を深める。

生命科学系の科目では、最新の機器を使ったラボでの実験により専門的なバイオ技術が身につきます。また自然生態系の科目では、豊かな自然に囲まれた札幌キャンパスの立地を生かし、実践的な生態系の調査技術を習得します。これらの学びを通じて、自然、環境、社会の調和を目指す視点を養います。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「生命倫理」や「生物化学」など、生物と生命について基礎的な理解を深めます。また、将来の進路について考える講義もあります。

2年次

「生物学基礎演習」では、資料・文献調査の方法、レポートの作成方法など、専門課程で必要となるスキルや姿勢が身につきます。

3年次

実験科目や実習で、知識・技術の専門性を深めます。秋からは研究室に所属し、4年次の卒業研究に取り組む上での基礎固めをします。

4年次

「卒業研究」では、大学での学びの総まとめとして、個々が選んだテーマに沿った実験・調査を行います。

将来のビジョン

食品関連や医薬品関連、製造業を中心に、活躍する卒業生をこれまでに多数輩出しています。研究を続けるため大学院に進学する先輩もいます。

学科のキーワードと概要

高度なバイオ技術、実践的な野外調査技術、科学技術者としての視点