生物学部の教育方針・目標・養成する人材

生物学部は、生物学と生物に関する多様な科学を中心に、教育と研究を展開する生物に関する総合的学部です。二十世紀終盤から今世紀にかけて、生物学とその学際的科学が果たす役割は、多方面の科学技術と産業において、その重要性を急速に拡大してきています。遺伝子技術の発展、生物資源の開発、生物多様性の保全、持続的食糧生産といった課題は、生物の科学の各分野の進展と共に社会においてますます注目を集めてきています。生物学部の生物学科と海洋生物科学科は、陸と海洋の生物に関するフィールドとラボラトリーの技術を駆使して生命、自然、環境の成り立ちを解明して、その成果を社会に役立てます。

生物学部は、生物に関する科学を中心に教育と研究を展開しますが、単に専門知識の修得を目指すのではなく、建学の精神に基づいて「人類が培ってきた文化・文明と自然・地球環境を一体とした視野」をもち、将来を見通した国際的感覚を大事にします。また、生命の大切さを理解し、持続的な共存社会の実現に貢献することを目標とします。

現代文明論を中心とした文理融合の学際的教育体系によって、現代の社会が直面する課題や科学の叡智を知り、自らが学ぶ専門分野の意義を理解し、高度な専門性をもった教養の修得を体現します。また、英語コミュニケーション、スポーツ、コンピュータ利用など、現代人に要求される能力を身につけます。生物学部の2学科の教育課程は相互に専門性の修得を補完できるようになっています。たとえば生物学科の遺伝子技術、海洋生物科学科の環境分析技術を相互に学修することが可能です。生物学部は、基礎教育を重視して、理数系の基礎科目や情報リテラシー、統計、科学英語など多様な学びを選択できます。資格教育は、教職・学芸員課程を設置しているだけでなく、多様な社会資格の取得に役立つ科目を配置しています。専門科目は、基本となる知識から応用、技術の習得、演習・研究へと主体的に進路を築いていくことができるように構成されています。

多様な教育課程の自立的な学修によって、自らを磨き、自信を持って社会に出ていけるよう、弛まない努力を期待します。

生物学部が養成しようとする人材

今世紀における最も重要な課題は、持続的な地球環境の保全と持続的な資源・食糧の確保といっても過言ではないでしょう。それらの問題に貢献する科学技術のほとんどは、今日生物学の知識・技術を抜きに語れません。生物学部の位置する北海道は日本の食糧基地ともいわれ、豊かな自然環境に恵まれています。

生物学部は、分子・細胞から分類・生態の生物学の実験・分析技術と調査技術の実践教育を行う「生物学科」と水産資源の供給基地である北海道において水域の生態系や増養殖技術等を学ぶ「海洋生物科学科」の2学科で構成されています。これら2学科は、フィールド調査技術とラボラトリー実験技術を重視して、陸上生態系、海洋・水系生態系、バイオテクノロジー、魚類機能などを中心として教育と研究を行います。

生物学部は、生命・自然に関する文理融合的な広い視野と知識を基礎として、各専門分野における高度専門知識と技術を活用し、幅広い社会の事象に対して自ら取り組み解決する能力を身につけた人材育成を目的としています。生物学科は、遺伝子・細胞の基礎知識をバイオテクノロジーにつなげる分野と生態・分類の基礎知識を生物多様性の維持管理につなげる分野を体系化しています。海洋生物科学科は、海洋生物の基礎知識を水産増養殖につなげる分野と海洋環境の基礎知識を海洋管理技術につなげる分野を体系化しています。

また、各学問分野の関連性を重視して学際的かつ系統的教育を基盤に据えて、コミュニケーション能力や分析力、提案力など社会から要請される能力を育成します。そして化学物質から生態系にわたる具体的な学際的知識と専門知識や技術を主体的に、そして複眼的に活用して導き出せる、発想力と創造力を培うことを生物学部の人材育成の目標としています。

農産・水産・食品の企画・開発・管理、環境管理・環境保全の企画・調査・分析、遺伝子応用技術、生物飼養技術、教職、学芸員など様々な方面での活躍が期待されます。また、生物に関連した技術や企画を必要とする産業は急速に広がっています。その先陣を切り開いていく積極性と行動力を発揮できる人材もまた期待します。

生物学部へ戻る