学びの分野

海洋生物とその環境を知り、水産資源を持続的に活用する

食糧問題の解決のためには地球の7割を占める海洋がカギになります。本学科は次の専門科目を軸に教育・研究を行います。

環境・生態科学系(海を知る)
海や河川・湖沼の生き物の生態や食物連鎖を学ぶとともに、海水の化学成分や波・流れなど生き物の環境を調べる方法を習い、生態系の変化を見逃さない海を知る目を養います。
水産科学系(海を活かす)
水産生物のからだの構造や仕組みとともに漁場造成や種苗生産など、生き物の増やし方を学びます。また、水産物の加工法や流通についても学び、海を活かす技術を培います。

充実した実験・実習科目

本学科のある北海道は、個性的な海に囲まれて、美しい河川や湖があり、実験環境に恵まれています。また、ホエールウォッチングや釣りを通した野外観察実習、ダイビングをしながらの調査実習など入門科目も充実しています。

1年半の少人数専門研究

3年生の秋から研究室に所属し、独自のテーマで研究を進めながら専門的な知識や技術を身につけます。これによって、長期の調査や実験が可能になります。また、3年次の冬から始まる就職活動でも自分の専門について具体的に説明ができます。

水産・海洋系への就職対策

学部共通のインターンシップに加え、水族館、漁協、環境調査会社などに勤めるOB等の職業紹介の授業があります。さらに、これらの施設で職業を体験する実習などによって、自分の進路を身近に、具体的にすることができます。

海洋生物科学科へ戻る