総合経営学部

総合経営学部ニュース

総合経営学部ニュース一覧へ

総合経営学部からのお知らせ

総合経営学部は2013年度より学生募集を停止し、新たに経営学部を開設しました。

総合経営学部は2013年度以降の学生募集を停止いたしました。現学部生には、卒業まで責任をもって質の高い教育を提供してまいります。なお、熊本キャンパスに新たに、経営学部経営学科および経営学部観光ビジネス学科を2013年度に開設しました。

総合経営学部紹介

幅広い視野をもったビジネススキルを獲得
文系・理系の枠を超え、社会に貢献できる人材の育成を目指します。まず、経済や経営についての基礎を学んだ上で、スポーツビジネスや国際ビジネスなど、新しい社会のニーズに対応したスペシャリストを育成するための専門分野を選択します。オムニバス方式で行われる「現代文明論」をはじめ、文理融合科目、スポーツ科目、外国語コミュニケーション科目など、専門性を高めるためのオリジナリティ豊かな教養科目を設置。幅広い視野を獲得し、豊かな人間性を養います。経営学を基盤にしながら総合的なアプローチを取り入れることで、新しい時代にふさわしいビジネススキルを学びます。
ビジネスの現場で生かせる実践教育を重視
様々な経営問題を合理的に解決するためのコンピュータ活用能力を重視した情報教育にも力を入れています。会計ソフトをはじめとするITを活用した実務型の授業も積極的に取り入れ、実践で役立つノウハウを学びます。また、経済活動の現場から収集したデータをもとに、解析から問題の発見、解決にいたる過程の検証や、現実のビジネス事例を用いたディスカッション方式の授業、パソコンを活用したプレゼンテーション、コミュニケーションを主眼とした語学教育など、ビジネスの実践で使えるスキルを身につけるためのトレーニングを徹底します。もちろん就職にも役立つ資格取得のサポートも行います。
地域の特性を活かした教育プログラム
熊本は、九州圏のビジネス拠点のひとつであり、観光・農業・精密機械工業など、この地域ならではの産業が発展を遂げてきました。こうした地域の特性を教育・研究の分野に反映させている点も、本学部の大きな特徴です。地元自治体や企業と連携しながら、大学における研究成果などの情報提供を行うことで地域貢献をはかるなど、地域密着型キャンパスならではの地に足のついた教育を実施。さらに、そのロケーションの特性を活かし、近隣の東アジア・東南アジア地域における経済の研究なども進めています。まさに、九州・熊本ならではのリージョナルスタディを実践する学部です。

熊本ならではのビジネスモデルを“教材”にして、スペシャリストを育てたい。

総合経営学部マネジメント学科は、経営基盤、先端ビジネス、スポーツビジネス、国際ビジネスの4コースからなり、ビジネスに特化した文系的要素が強いのですが、情報・コンピュータに関する高度な応用技術の修得という理系的要素を加えて“文理融合教育“を展開しています。「選択と集中」を原則とする学習効果の高いカリキュラム、九州・熊本というロケーションを活かしたアジア圏への教育展開、地元産業界・自治体との密な産・学・官連携、東海大学の総合力を背景とする独自の学内連携など、本学部には魅力的な教育システムが数多く用意されています。多様なビジネススキルを身につけて経営のスペシャリストを目指す学生はもちろん、理系志向の皆さんもぜひ、本学部で経済・経営の基礎を学び、世界へ羽ばたくビジネスマン・経営者への道を目指してください。

総合経営学部の教育研究上の目的、養成する人材像

総合経営学部学科一覧

マネジメント学科 ※

情報を有効に管理・活用するマネジメント能力を磨く

学生募集停止