広報メディア学科

社会的価値のある情報を発信し、多彩なメディアシーンに対応する力を育む。

新聞・放送・出版・ネット・広告など、幅広いジャンルにわたるメディア教育を展開。 真に社会的価値のある情報とは何かを研究します。また広報やメディアについての知識やルール、技術を習得。在学中も学内外のさまざまな組織や企業と連携し、番組制作やプロジェクトなど実践的な活動をしています。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

メディアに関する基礎を固める時期。「広報メディア基礎演習」「新聞・出版論」「マス・コミュニケーション史」などを学びます。

2年次

専門性を高めていく時期。〈メディアと社会〉をテーマとした「メディア文化と歴史」「メディア・コミュニケーション論」「スポーツとメディア」など、自分の興味・関心に合わせて履修していきます。

3年次

専門を決めていく時期。〈広報の企画・戦略〉や〈メディアの制作・実践〉などのより実践的な科目を通して、自分の専門を決めていきます。この時期にはゼミナールも始まります。

4年次

ゼミに入って卒業論文を作成するなど、卒業制作に取り組みます。履修科目を確認した上で、残りの時間を有意義に使うことが可能です。

将来のビジョン

各地域のテレビ・ラジオなどの放送局、新聞社、出版社、印刷会社、広告会社、一般企業の広報部門など、メディア・広報分野での活躍が期待できます。

学科のキーワードと概要

「受け手にとっての価値」を基点に、情報社会に生きる主体として、発信する。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます