航空宇宙学科 航空宇宙学専攻

“ものづくり”の醍醐味を感じながら、空と宇宙、機械技術を探究する。

航空宇宙の分野は、工学や環境、自然現象など幅広い分野を網羅した総合工学分野です。本専攻では、飛行機に関する周辺技術を幅広く習得する「航空工学分野」、宇宙開発につながる力を身につける「宇宙工学分野」、自然現象を科学的に理解する力を養う「宇宙環境科学分野」の3領域を学ぶことができます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「入門ゼミナール」で、各分野の教員と親交を深めます。また、現代教養科目などを学び、幅広い教養も身につけます。

2年次

「航空宇宙学実験1」や「航空宇宙学製図」など、専門分野の基礎となる実験・実習を行い、レポートの作成や図面の描き方を学びます。

3年次

より深く学びたい分野を中心に、高度な専門科目を履修します。少人数で研究・発表を行うゼミナールも3年次より始まります。

4年次

ゼミナールごとに少人数に分かれ、各種の実験やシミュレーションを実施しながら、専門性の高い卒業研究として完成させます。

将来のビジョン

多くの卒業生が、重工業系のメーカーや設計会社などに勤務し、航空宇宙関連の開発・設計に従事しています。航空機整備に携わっている卒業生もいます。

学科のキーワードと概要

設計製作技術、問題解決能力、プレゼンテーション能力

航空宇宙学専攻がもっとわかる、学科オリジナルサイト新しいウィンドウを開きます