学びの分野

「空」と「宇宙」への探求を通して幅広い知識と行動力を身につけた人材を育成

航空宇宙学の対象は航空機やロケット、人工衛星や惑星探査機、オーロラや宇宙プラズマなど幅広く存在します。これらの対象を幅広く、かつ深く理解するためには航空宇宙に限らず、機械や電気の知識、コンピュータを使いこなす知識、情報を集め処理する知識など多方面の技術や知識が必要になります。本専攻ではそのような知識や技術を身につけるだけではなく、積極的に行動し、知識や技術を使いこなせる人材を育成することを目標としています。そのモデルと言えるものが本専攻で行っている「航空宇宙特別プロジェクト」です。これは学生自身が運営し、ロケットや航空機、人工衛星や惑星探査装置などを自ら開発し、実際に打ち上げや飛行実験まで行う「ものづくり」のプロジェクトで、活動を通じて高度な技術や知識、マネジメント能力、コミュニケーション能力などの幅広い能力を修得することに成功しています。現代の社会において必要とされているのはこのような人材であり、狭い分野に特化するのではなく、目の前の問題に対していくつもの可能性から分析を行い、問題の本質を見抜いて解決できる人材です。また、グローバルな視野を持ち、分野や国の違いを超えて他者とコラボレーションできる人材も必要とされています。「空」と「宇宙」への探求をコアとして、さまざまな問題に対応できるマルチな人材を育成することが本専攻の目標です。

このような観点から航空宇宙学専攻は、幅広い分野の課題に自ら問題意識を持ち、その問題に主体的に取り組み、自らの思想を培いながら解決する能力を養う教育を実践します。航空宇宙学専攻の専門教育プログラムでは、次のような特色を持った課程を設定しています。

  1. (1)基礎課程では、コンピュータ関連科目を配した情報技術教育、航空宇宙学の基礎となる物理学・数学科目及び複数教員が参加して行う少人数制ゼミナール科目に力点を置きます。
  2. (2)専門課程では、工学技術者として不可欠な設計製図、実験、航空宇宙英語などの共通科目と興味や進度に応じて選択できる、航空工学、宇宙工学及び宇宙環境科学分野にわたる 科目があります。
  3. (3)応用課程の実験科目として、飛行機、ロケットや衛星機器を製作して飛ばす「航空宇宙特別プロジェクト」を配置しています。この科目では、実際にロケットや人工衛星の設計・開発・試験を学生自らが行い、打ち上げています。総まとめとしての「研究ゼミナール」や「卒業研究」では、研究能力、プレゼンテーション能力を養います。

航空宇宙学専攻における教育理念は、「ものづくり」の面白さを再発見し、自主的な学習・研究の習慣を身につけて、自主的にものごとを考え、国際的、工学的センスを持った人材を育てることを最重要テーマと考えています。

アドミッションポリシー

航空宇宙学科航空宇宙学専攻では、本専攻の教育目標「『航空宇宙学を応用する力』、『論理的に考え説明する力』、『周囲と連携してものをつくり上げる力』を身につけた人材を育成する」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

航空宇宙学科 航空宇宙学専攻へ戻る