応用化学科

高度な化学の知識と広い視野を生かし、問題を発見し解決できる人材を育成。

日本経済を支える製造業で、化学的な見方で物事を判断できる人材を育成します。今日私たちは、資源の枯渇やエネルギーの確保、人口増加といった諸問題に直面しています。それらの問題を解決するために、広い視野と豊かな教養を身につけ、柔軟な対応ができる化学技術者や研究者を育てます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

化学や物理学などの基礎科目を中心に受講します。また、4年次の卒業研究へとつながる専門科目も始まります。

2年次

1年次に引き続き、基礎科目を中心に学びます。専門科目も、実験や演習を中心に学んでいきます。

3年次

1・2年次に引き続いて専門科目を中心に学び、実践力を養います。並行して、卒業研究の準備も始まります。

4年次

研究室に所属して、卒業研究に取り組みます。4年間の集大成として卒業論文を書き、教員の前で口述試験を受けます。

将来のビジョン

卒業生の多くは、化学工業系や医薬品、情報通信、サービス業などで活躍しています。また中学校・高等学校の理科教員免許状を取得することも可能です。

学科のキーワードと概要

化学的な物の見方、多角的な視野、柔軟な対応力