取得できる資格・免許

中学校教諭一種免許状・高等学校教諭一種免許状の取得

本学科を卒業した者で、卒業までに教職に必要な所定の科目を修得すれば、理科の教科についての免許状を取得することができます。

毒物劇物取扱責任者

本学科を卒業すれば、都道府県庁へ申請することにより、毒物劇物取扱責任者資格が取得できます。

水道水の水質検査実施者

本学科を卒業後、水質検査もしくは理化学的または細菌学的検査の実務に1年以上従事した経験を持つ者は、申請することにより資格を取ることができます。

甲種危険物取扱者の受験資格

本学科を卒業することにより受験資格を得ることができます。

作業環境測定士の受験資格

本学科を卒業後、1年以上労働衛生の実務に従事した経験を持つと受験資格を得ることができます。

米国技術者資格「PE:Professional Engineer」の一次試験の受験資格

本学科4年次(卒業見込み)または卒業することにより、PE資格を得るための「FE:Fundamentals of Engineering」試験の受験資格を得ることができます。

特別講座

教員試験講座

本講座は、教員採用試験に出題される科目のうち、一般教養・教職教養・面接対策・論作文に的を絞り、指導経験豊富な講師陣によって行われる実践的な特別講座です。

公務員講座

本講座は、各種の公務員試験を受験しようとする学生を対象に、国家公務員・地方上級レベルの公務員試験対策として設置されている講座で、問題演習を含めて実際の試験に即した授業を行っています。通常、公務員試験には以下のような種類があります。

  • 国家公務員試験(総合職、一般職、専門職)
  • 地方公務員試験(都道府県、政令指定都市、その他市町村など)

情報処理技術者試験講座(基本情報技術者)

「技術者に目標を示し、刺激を与えることによって、その技術の向上に資する」ことが、情報処理技術者試験の主な目的です。この目的を達成するため、合格者が情報処理技術者にふさわしい水準の能力や技術力を身につけているかを認識する試験となっています。
本講座は、情報技術に関する基礎的な知識・技能を問う試験である基本情報技術者試験に合格しうる知識を修得するための講座です。

応用化学科へ戻る