学びの分野

設計、歴史、材料、環境など幅広い分野が学問の対象に

建築学科で何を学ぶのか? と考えるとき、多くの人は設計を連想するのではないでしょうか。しかし、建築学は、設計のほかにも計画、歴史、構造、施工、材料、設備、環境などさまざまな分野から成り立っています。将来、建築士の資格試験を受験する際も、これらすべての知識が必要となるのです。ですから、学生時代には、すべての分野をまんべんなく勉強することが重要だと言えます。そのために建築学科は、設計・計画系、材料・施工系、構造系、そして環境工学・設備系という4つのパートで構成され、さらに各パートのなかで専門分野が分かれて、建築のさまざまな分野をカバーしています。

現役の建築家や専門家による実践的な講義・演習も充実

建築学科では、講義や演習を充実させるために、専任の教員のほか、実際に各分野の第一線で活躍されている建築家や専門家の方々を非常勤講師として多数迎え、実学としての教育を行っています。

安全で快適に暮らせる都市と建築を創造できる、能力と意思を備えた人材を育成する。

  1. 1.正しい国際感覚を養い、安心して暮らせる空間を創造できる人材を目指す
  2. 2.CADなどを導入し、情報化時代に対応できる力を身につける
  3. 3.学部・学科の垣根を越えて多様な分野を学ぶ
  4. 4.自主的に授業に参加し、問題意識を持って学問に取り組む

建築学科の教育目標は、「幅広い教養と確かな歴史観・人生観に裏打ちされた高度な建築知識と技術を身につけ、自分の信念と責任のもとに、建築の各方面で活躍できる人材を育成する」というものです。

そのために本学科では、「正しい国際感覚」を養い、世界の動きを正しく認識した上で、人類が安全で快適に暮らせる都市と建築の理想空間を創造できる人材の育成を目指しています。例えば建築環境工学の分野でエネルギーや自然環境について学び、地球環境を考慮した幅広い国際性を身につけていきます。

一方、科学技術のめざましい発展に対応するため、情報化対応の教育も実施。建築設計においてCAD(コンピュータ援用設計)教育を導入するとともに、建築工学の領域でもCAI(コンピュータ支援学習)教育を積極的に取り入れています。

また、学生の多様な能力と要望に対応するために、「リベラルアーツ(現代教養)教育」にも力を入れ、学部・学科の垣根を越えてさまざまな科目を履修できるカリキュラムを用意しています。

さらに、本学科が力を入れているのが「問題発見解決型」の教育。各分野の科目において学生の自主的な取り組みを尊重し、問題意識を持って学問に取り組めるような環境を整えています。

建築学科へ戻る