学びの分野

日本の大学で初。ANAとの産学連携教育による最先端の養成ルートでプロパイロットへ。

育成目標

東海大学では建学の精神に基づき、「自ら考え、集い、挑み、成し遂げる」これら4つの力を身につけ、時代に即応できる人材を育成します。

豊かな人間性と確かな操縦技倆を有し、社会のために幅広く活躍できる パイロットを育成します。

  • エアマンシップを発揮し、コンプライアンスと協調性により常に安全運航に努める力
  • 航空基礎知識を正確に理解し、その知識を実践に生かすことのできる力
  • 知識と経験により常に的確な判断を行い、確かな操縦技術により安全運航を成し遂げる力

日本の大学としては初のプロパイロットを養成する専攻

本学は1943年に航空科学専門学校として開校した歴史を持ち、1967年に工学部航空宇宙学科を設立、日本の航空宇宙分野におけるトップクラスの研究と実績を上げてきました。そして2006年4月、多くの優秀な人材を排出してきたこれまでの教育経験を活かし、日本の大学としては初のパイロットを養成する専攻を設置しました。本専攻は、ANA(全日本空輸株式会社)の全面的な協力、国土交通省の支援、アメリカのノースダコタ大学航空宇宙学部との強力な留学協定を得て、東海大学の建学の精神に立脚した豊かな人格を持った人間教育、基礎から実践まで幅広くきめ細かなカリキュラムによる高い専門教育により、確かな操縦技術を持ち、社会の期待に応える、優れたパイロットを養成します。世界の大空でダイナミックに羽ばたく夢を、東海大学で実現しましょう。

航空宇宙学科 航空操縦学専攻へ戻る