学びの分野

教育方針

1.幅広い教養を身につける

土木工学は安全で快適な生活空間、そして自然に優しい環境をつくるための学問です。そのためには、単に専門の知識や技術を学ぶだけでなく、社会や自然への深い洞察力が求められます。
土木工学科では「現代文明論」や「現代教養科目」などの授業を通じて幅広い教養を身につけ、社会における専門の役割をしっかりと理解する教育を行います。

2.きめ細かな専門教育

土木工学は街や暮らしが活気づく空間を造る学問でもあります。新しい時代が必要とするまだ知らない空間を造ることは難しいことのように思われますが、原理が分かれば工夫ができます。
土木工学科では、専門知識の基礎を十分に学ぶこと、高校で習った数学や物理などの原理をもう一度理解することがとても重要だと考えています。

3.計画・環境と建設・防災

人の心をうるおす自然と調和した都市や街を造り、安全で快適な生活を守ることは、いくつかの部門が手分けして行います。国や県・市では、新しい時代における都市や街の計画、その予算を考えます。民間では、これらの計画を実現するために設計や調査を行い、実際にものを造る作業をします。
土木工学科では、社会に出てからの活躍分野を考えて、「建設マネジメント」と「環境プランニング」の2つのモデル履修コースを設けています。

アドミッションポリシー

土木工学科では、本学科の教育目標「『専門分野を理解する基礎力』、『専門知識を生かす応用力』、『新たな課題に取り組む総合力』を身に付けた人材を育成する」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

土木工学科へ戻る