電気電子工学科

「電気機械」「電気通信」「電子機器」の3分野で暮らしを支える技術を学び、社会に貢献する。

現代社会のあらゆる場所で活用され、私たちの生活を支えている電気電子技術。本学科では「電気機械」「電気通信」「電子機器」の3分野で、幅広い領域のテクノロジーを学びます。講義や実験で得られる専門知識と、関連する国家資格の取得などを通じて、社会に貢献できる力が身につきます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

物理や数学など、電気系技術を学ぶための基礎知識を習得します。また工具を使って、テスタの電子回路の試作なども体験します。

2年次

基礎科目を中心に履修します。講義科目と実験科目の両方を通じて、理論と実験の両面から電気電子技術の基礎を身につけます。

3年次

自身の関心に合わせてコースを選択し、より専門的な内容を学びます。3年次後半からは研究室に所属し、ゼミナールに参加します。

4年次

研究室での活動が中心となります。学んだ専門知識を生かし、研究室のメンバーと協力し合いながら卒業論文を完成させます。

将来のビジョン

現代社会では、電気の知識・技術を必要としない産業はありません。電気設備や電気機器関連を中心に、多くの企業で卒業生が活躍しています。

学科のキーワードと概要

技術を形にする力、社会に貢献する力、仲間と協調する力