取得できる資格・免許

電気電子工学科では、電気・電子・通信工学の基礎から最先端技術までをていねいに学びます。専門知識をしっかり身につけた証として、在学中や卒業後さまざまな国家資格取得にチャレンジできます。特に電気機械、電気通信分野では資格が必要な仕事がたくさんありますので、資格を取得すると卒業後の就職にも有利です。

教職課程

工業科目の高校の教員になるために必要な免許です。大学在学中、教職課程の科目を修得することで取得可能です。

  • 高等学校教諭第一種免許状(工業)
    • 就職に有利な業種
      高校教員

2019年度入学生以降の教職課程は、再課程認定申請中です。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

司書・司書教諭課程

図書館などで、資料の収集、整理、保管を行う場合に必要な資格です。

  • 就職に有利な業種
    図書館、博物館

卒業後に取得できる国家資格

第一級陸上特殊無線技士
陸上の小規模な無線局の技術操作を行うことのできる資格です。テレビ中継や警察、消防などで利用される業務用の無線設備を取り扱うことができます。
  • 就職に有利な業種
    放送局(中継業務)、電話・通信会社、警察・消防など
第二級海上特殊無線技士
小型船舶やヨットなどとの国内通信に利用される小規模な無線設備やレーダなどを取り扱うことのできる資格です。
  • 就職に有利な業種
    小型船舶の無線に関連する業務

筆記試験が免除される国家資格

第一種、第二種、第三種電気主任技術者
ビルなどの建物や工場などの電気設備の運用を行う場合に必要な資格です。また、大型建物の電気設備を保守管理するためにも、本免許が必要です。本免許の取得は、電気設備について深い知識と技術を有していることを示しており、電気設備を管理する会社を自ら設立することも可能です。
  • 就職に有利な業種
    鉄道会社、電力会社、電気設備会社
第二種電気工事士
 

筆記試験の一部が免除される国家資格

第一級陸上無線技術士
無線設備の技術操作を行うための国内最高の資格で、操作範囲に制限がありません。
  • 就職に有利な業種
    放送局、電話・通信会社、官公庁など
電気通信主任技術者(伝送交換主任・線路主任)
インターネットなどの電気通信ネットワークの工事・維持・運用の監督を行うために必要な資格です。
  • 就職に有利な業種
    電話・通信会社、インターネットプロバイダなど

電気電子工学科へ戻る