学びのスケジュール

自分流の学びのスタイルが設計可能です

1年次 第1、2セメスター

電気系技術の扉を開けます。いろいろな工具を使い、実際に自作ラジオやMyモーターなど、一人ひとりが立案と創作の体験などを通して、電気電子技術の興味を引き出します。

入門ゼミナール1、電気電子工学通論、化学基礎、化学実験、基礎数学A・B、工科の線形代数1、情報リテラシー、入門ゼミナール2、電気磁気学1、電気磁気学演習、電気回路1、電気回路演習、物理学基礎、物理実験、工科の微積分1、情報メディア

2年次 第3、4セメスター

電気電子工学の専門科目を学びます。電気電子技術の基礎をはじめて学ぶ人に配慮して、実験や実習科目もあり、電気電子技術の基礎を身につけます。

電気電子工学実験1、電気磁気学2、電磁気物性、電気回路2、信号処理の基礎、工科の微分方程式1、工科の確率統計、プログラミングC、電気電子工学実験2、電磁波の基礎、計測の基礎、電気回路3、アナログ電子回路、高周波回路、制御工学1、CAD設計、発電工学、通信工学基礎、電子物性

3年次 第5、6セメスター

一人ひとりの興味や将来の希望を考えて、皆さん自身が学習する内容を決めます。一つひとつの専門科目を学習することで、自分自身の将来像が見えてきます。

電気電子工学実験3、オール電化住宅、電気機器、電力工学、音響と映像、情報伝送工学、光通信工学、ロボット工学、電子デバイス、集積回路プロセス、ディジタル電子回路、電気製図、電気電子工学実験4、問題発見ゼミナール、太陽電池とクリーンエネルギー、高電圧工学、パワーエレクトロニクス、放送技術、通信機器、高周波・マイクロ波工学、医用電子工学、光デバイス、集積回路設計、制御工学2、英語アカデミック・プレゼンテーション

4年次 第7、8セメスター

研究室での活動が中心となります。研究は、自分自身で計画し、チームワークで活動します。このときの体験が社会人としての貴重な行動力と協調性を生み出します。

卒業研究1、交通・社会システム、電気機械デザイン、衛星通信、通信システムデザイン、航空電子工学、電子機器デザイン、電気法規および施設管理、電気通信法、科学と倫理、卒業研究2、電気自動車、移動体通信、カーエレクトロニクス、特許戦略

電気電子工学科へ戻る