機械工学科

世界レベルの専門知識と問題解決能力を備えた新しい技術を創造できる機械エンジニアとなる。

「機械デザインコース」では、機械システムの設計技術者として、世界標準レベル以上の専門知識と能力を身につけます。また「機械応用コース」では、ロボットや自動車、バイオ・医療技術などのテーマから興味ある分野を選び、実社会で役立つ高度な技術を深く学ぶことができます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

数学・物理の基礎知識と応用力を身につけます。また英語や、幅広い教養を養うための現代教養科目も履修します。

2年次

機械工学の主要分野を習得します。講義で学んだ内容は「機械工学実験」などで実際に体感し、生きた知識として吸収します。

3年次

3年次より「機械デザインコース」と「機械応用コース」に分かれ、それぞれの専門科目や機械設計、研究に取り組みます。

4年次

研究室に所属して卒業研究を進めます。学会に出席する機会もあり、研究結果を論理的に伝えたり、ディスカッションしたりする能力が養われます。

将来のビジョン

製造業やサービス業、建設業など、さまざまな分野で活躍できます。国家資格(技術士補)を取得すれば、さらに国際レベルで活躍することも可能です。

学科のキーワードと概要

幅広い専門知識、創造力と応用力、問題解決能力