学びのスケジュール

21世紀を担う創造力・応用力を持った機械エンジニアと研究者を育成する

  1. 1.国際水準の機械エンジニアを目指す
  2. 2.技術立国を支える創造力と応用力を育成する
  3. 3.隠れた問題を見つけて解決する能力を身につける

機械工学科は、21世紀の社会に必要な、きわめて幅広い、いろいろな種類の「製品」と「技術」を生み出すための人材、すなわち、創造力と応用力を持ち、人間的にも幅の広いエンジニア、研究者を育成することを教育目標としています。

自分流の学びのスタイルが設計可能です

1年次 第1、2セメスター

現代文明論や現代教養科目を履修することにより、現代をいかに生きるべきかを学ぶための人生観、歴史観、世界観を形成できる能力を養います。また英語の基礎能力や数学・物理学に関する基礎知識と応用能力を身につけます。さらに専門科目の「機械基礎力学」、「材料力学」、製図の基礎知識を学び、「入門ゼミナール1」で「モノづくり」を体験します。

2年次 第3、4セメスター

流体工学、材料力学、熱工学、機械力学など機械工学の主要分野の知識を修得することを目的としています。また、これらの科目で学んだことを実際に「機械工学実験」で確かめることにより、より深い理解が得られるようになっています。さらに技術者としての責任や、機械をデザインするための基礎知識も学びます。

3年次 第5、6セメスター

より専門的な機械工学の知識を身につけると共に、演習や実験を通じて、今までに学んだ知識を総動員して、機械の設計や実験・研究に応用する能力を養います。演習で答えが必ずしも一つとは限らない課題を対象にしたトレーニングをすることにより、問題点を考え、自ら計画を立案し、知識を総合して解決していく能力の基礎を養います。
なお、3年次より2つのコースに分かれます。

4年次 第7、8セメスター

「卒業研究」では、自ら計画・立案し、これを遂行し、取りまとめていく能力を養成します。研究結果をまとめて論理的に記述し、説得力をもって、相手に伝えることのできるコミュニケーション能力やディスカッション能力を養い、社会に出た後もその変化に対応できるよう、継続的、自立的に学習する習慣と能力も養成します。

3年次から2つのコースに分かれます

ロボット、自動車、船舶、飛行機、エアコンなど、皆さんの身の回りにあるほとんど全てのモノが機械工学の対象です。このような現在活躍しているモノだけでなく、マイクロマシンなどの将来期待されるモノまで、さらにこれらのモノを作る技術、材料など、機械工学がカバーする領域は非常に多岐にわたります。このような領域のどの分野に進んでも、卒業生が十分に実力を発揮できるように教育することが本学科の目標です。このために充実した科目群を用意して、十分な基礎学力と応用能力を養えるようにカリキュラムを設計しています。なお、この全範囲をまんべんなく勉強するコース(機械デザインコース)と、興味ある分野をより深く勉強する、または、他学部・学科の内容まで幅広く勉強するコース(機械応用コース)を設置しており、学生は2年次の終わりにいずれかのコースを選択することになります。

機械デザインコース

多岐にわたる機械あるいは機械システムの設計技術者として世界標準レベル以上の幅広い専門知識と能力を身につけようとする人のためのコースで、全範囲をまんべんなく勉強します。なお、このコースを希望する学生は、あらかじめ定められた履修条件を4セメスターまでに満たしていることが必要で、また、いくつかの科目が必須扱いとなります。

機械応用コース

機械工学の興味ある分野をより深く学び機械系技術者を目指す、もしくは機械工学だけにとどまらず機械工学を含むもっと広い分野の中で、各自の興味ある科目群を選択して学び、これを直接あるいは間接的に社会で活かしていくことを目指す場合に必要となる知識、能力を身につけるためのコースです。各自の興味にしたがって幅広く履修科目を決定できます。

機械工学科へ戻る