健康科学部の教育方針と教育目標

東海大学健康科学部は、ヒューマニズムと科学の融和、自然と人間の調和をめざし、人道主義の理念のもとに、健康で生きがいに満ちた福祉社会の実現に向けて、人々の多様な健康ニーズに対処する、保健・医療・福祉専門職を育成する。健康科学部は看護学科と社会福祉学科の二つの学科からなり、保健・医療・福祉分野において活躍する専門職に必要な国家資格を付与する教育を行う。両学科共に実践的な学習を通じて、医療や福祉の現場で求められる知識と技術の修得に加え、コミュニケーション能力や問題解決能力を高め、人権擁護を基盤としたヒューマンケアを実践できるよう教育する。人々の健康と福祉に生涯をかけ、国内のみならず国際的にも貢献したいという目的意識をしっかりもてる人材を育成する。

そのための教育目標は以下のように集約される。

  1. 1.「健康科学」が対象とするのは、「人間」とくに「人の心」である。従って、暖かい人間性と謙虚さ、幅広い教養をもとにしたコミュニケーション力を育成する。
  2. 2.卒業後、それぞれの分野の専門家、実践家としての役割を担うために、自己学習(self-learning)と問題解決(problem-solving)能力を養成する。
  3. 3.保健・医療・福祉の専門職として、人権擁護を基盤にしたヒューマンケアが実践できる能力を育成する。
  4. 4.多職種間の連携をはかり、チームの一員として活躍できる人材を育成する。
  5. 5.国際的な分野で活躍し得る人材の育成を目指す。

以上の目標を達成するため、東海大学の総合大学の特質と伊勢原キャンパスの教育環境を生かしながら、看護学科、社会福祉学科の共通基盤と両学科独自の個別科学、地域社会の特徴を踏まえて次のような教育を実施する。

  1. 1.「現代文明論科目」「現代教養科目」「英語コミュニケーション科目」の学修を重視し、一般教養知識の向上を図る。
  2. 2.指導教員制を採用し、学生を15~25名の小グループに分け、指導教員による学習や学生生活の指導、相談を行う。
  3. 3.演習・実習科目に重点を置いた系統的、段階的カリキュラムをとおして、より統合的、実践的学習を行う。
  4. 4.1年次においては、レポートや論文作成の技術と方法、図書館の効率的な活用等についての講義、演習を行い、自己学習能力の育成に努める。
  5. 5.「現代文明論2」「健康科学論」「看護福祉パートナーシップ実践法A・B」等、健康科学の基礎となる科目を両学科において開講すると共に、両学科間で教員・カリキュラムの相互乗り入れを行い、将来の保健・医療・福祉が一体となったチームの一員としての基礎を学ぶ。
  6. 6.春期休暇において、アメリカのミシガン大学、メイヨメディカルセンター、デンマーク・東海大学ヨーロッパ学術センターを拠点として各国の保健医療福祉に関する研修や学生間交流を実施し、国際交流を重視した教育を行う。
  7. 7.実習は、医学部付属病院、地域の医療機関、社会福祉施設・機関、地域の行政機関、企業の健康管理部門など幅広い施設を活用して実施する。

健康科学部が養成しようとする人材

健康科学部では、保健・医療・福祉の専門職として、暖かい人間性と幅広い教養を身につけ、人権養護を基盤としたヒューマンケアが実践できる人材を養成することを教育目標としている。

健康科学部へ戻る