教育研究上の目的・人材像

東海大学の建学の精神は、身体を鍛え、知識を磨き、豊かな人間性を養い、歴史を担う使命感を育て、調和のとれた文明社会を建設することです。看護学科は、その高い志しに沿い、ヒューマニズムと科学の融和、自然と人間の調和をめざし、人道主義の理念のもとに複雑で多様化していく人々の健康ニーズに対応していくために、より高度な医療・保健・福祉の知識、技術を有する看護職の育成を目指しています。そのためには、学術を中心とした幅広い知識と学際的見識を基にした問題解決能力や主体的な判断に基づく看護実践能力を育成します。さらに、異なる職種との協働の必要性や国際的視野を修得し、様々な健康レベルの人々に、尊厳と安寧を感じられる看護支援が実践できる人材を育成します。

看護学科が養成しようとする人材

上記の教育理念のもとに、健康な人から病んでいる人まで様々な健康レベルの人に、また、地域・在宅から病院や施設に至るあらゆる場で「その人らしい健康的な生活を大切にするための看護」が実践できる人材を育成すると共に、常に新しい看護を創造する能力を持った人材を育成します。

そのために以下を目標としています。

教育目標

  1. 1.人間の理解

    身体的、心理的、社会的存在としての人間を全人的に理解できる。

  2. 2.健康の理解

    人間の健康を個人・環境・社会の面から理解でき、健康上の問題を把握できる。

  3. 3.看護の理解と実践

    看護の専門的知識に基づいた看護基礎技術を修得し、人々の健康的な生活への支援ができる。

  4. 4.看護と保健・医療・福祉の連携

    看護チームや保健医療福祉チームにおいて、自らの存在や専門性を生かした役割をとることができる。

  5. 5.主体性の育成

    生涯を通して主体的に学習活動に取り組み、批判的創造的な視点で物事を捉え、必要な変革を促すことができる。

  6. 6.倫理観の育成

    多様な価値観をもつ人間を尊重し、倫理的・法的・社会的判断に基づく行動をとることができる。

  7. 7.国際的視野の育成

    異なる国の人々の健康問題に関心を寄せ、国際的視野から国や地域の文化・政治・教育・保健医療福祉システムの違いをとらえることができる。

教育方針

1.コミュニケーション能力の重視

看護は人を相手にする職業であり、多くの場合身体的、心理的、社会的に学生自身の日常生活とは異なった状況にある人々や、年齢も性別も様々な人と関わります。さらにいろいろな保健医療福祉専門職とチームとして協働する必要があります。

このように、看護をする上で、看護の対象者や協働する専門職とのコミュニケーションは欠かすことができないため、初年次よりコミュニケーションに関わる科目を必修科目に位置づけています。自己を知り、他者を知ることから始め、看護場面でのコミュニケーションについて実践的な学習を取り入れており、続く臨地実習において更に能力が高まるように指導してゆきます。

2.看護専門職の自覚を高める

初年次より保健医療福祉専門職を学ぶ者としてのアイデンティティの確立を目指し、社会福祉学科の学生と共に学ぶ「現代文明論2」「健康科学論」や「看護福祉パートナーシップ実践法A・B」を設け、早くから自らの専門職の役割と他職種との連携の重要性について考える機会をもっています。また、「国際看護演習A」では社会福祉学科のみならず医学部の学生と共に専門職間での相互連携や協働について考え交流します。さらに、看護の専門科目で、看護過程などの根拠や理論に基づく科学的思考を学びます。そうした体験と看護専門科目の学習を土台に、臨地実習では看護師・保健師をはじめ保健医療チームの専門職に接することにより、看護専門職としての自覚が高められるように学習支援していきます。

3.実践の場に即した看護実践力の育成

各看護専門科目では、講義・演習・実習を組み合わせて教育を行います。
広く、明るい実習室で学生が模擬体験できるように様々なモデル教材が備えてあり、模擬患者やシミュレーション技法の導入により臨場感のある体験型の学習を取り入れています。また隣接する医学部付属病院の看護師と本学教員とのコラボレーションにより直接的な実技指導を取り入れています。これらの最新の実技演習から臨地実習へと継続した学習により、看護基礎技術を確実に修得できるようにします。

4.自己学習力の育成

各教科では、一方的な講義ではなく、Self-learning(自己学習)やGroup-learning(グループ学習)を促す教材や学習方法を取り入れています。授業時間外に開放されているコンピュータ室や実習室、夜間開館している図書館など自主的に学ぶ環境が整えられています。これらにより、自ら学習課題を見出し、その課題解決のための学習行動を主体的に行っていける学習能力を身につけていきます。また学生が教員に連絡を取りやすいよう教員がいる時間(オフィスアワー)を明示するなど、教員と学生の相互作用による創造的で自立的な学習を支援します。

5.東海大学の強みをいかした国際的視野の育成

国際的に保健医療福祉の分野で活躍できる人材育成の一環として、英語力を身につける、海外の看護事情を学ぶ、海外で看護研修をすることができるように、看護の統合分野に科目を配置しています。これらは、東海大学湘南キャンパス内の外国語教育センター、ハワイ東海インターナショナルカレッジ、デンマークにある東海大学ヨーロッパ学術センターの活用と、米国で最も優れた病院の一つであるMayo Medical Centerにおいて行っています。東海大学内には海外からの留学生もおり、多様な国籍の学生との交流も異文化理解を促します。

語学だけでなく、学生時代から海外の看護実践に触れる体験を通して、看護専門職としての国際的な視野を持てるような支援体制が整っています。

看護学科へ戻る