教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

教育目標及び養成する人材像

 健康科学部看護学科では、大学・学部の教育理念に沿って、次のように教育目標を定めています。
 学部の教育理念のもと、健康な人から病んでいる人まで様々な健康レベルの人に、また、地域・在宅から病院や施設に至るあらゆる場で「その人らしい健康的な生活を大切にするための看護」が実践できる人材を育成すると共に、常に新しい看護を創造する能力を持った人材を育成します。
 看護学科では、本学・学部の学位授与の方針に従い、所定の課程を修め、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

学位授与に求められる能力

(知識・理解)
 人間、健康、社会・環境、看護に関する専門的知識の理解。

(汎用的技能)
 コミュニュケーション能力、問題解決能力を基盤とした看護実践のための様々なスキルの体得。

(態度・志向性)
 「その人らしい健康的な生活を大切にする看護」を実践するために、自ら学び、国内外で貢献しようとする力

カリキュラム・ポリシー

教育目標

健康科学部の教育理念に基づき、看護学科では次のように教育目標を定めています。
 学部の教育理念のもと、健康な人から病んでいる人まで様々な健康レベルの人に、また、地域・在宅から病院や施設に至るあらゆる場で「その人らしい健康的な生活を大切にするための看護」が実践できる人材を育成すると共に、常に新しい看護を創造する能力を持った人材を育成します。
 その教育目標に基づき、次のような教育課程を編成します。

教育課程編成の方針

1.コミュニケーション能力の重視
 看護は人を相手にする職業であり、年齢も性別も様々な人と関わります。さらに、いろいろな保健医療福祉専門職と協働する必要があります。そこで、初年次よりコミュニケーションに関わる科目を必修科目に位置付けています。自己を知り、他者を知ることが大変重要であり、より具体的な看護場面を想定してコミュニケーションについて考え、さらに臨地実習においてその能力が高まるように指導します。

2.看護専門職の自覚を高める
 保健医療福祉専門職を学ぶ者としてのアイデンティティの確立を目指し、社会福祉学科の学生と共に学ぶ「現代文明論2」「健康科学論」や「看護福祉パートナーシップ実践法A・B」を設け、早くから自らの専門職の役割と他職種との連携の重要性について考える機会をもっています。専門科目においては看護過程の展開や看護援助の根拠及び理論に基づく科学的思考を学び、臨地実習において看護師・保健師をはじめとする保健医療チームの専門職と接し自覚が高められるように学習支援します。

3.実践の場に即した看護実践力の育成
 講義・演習・実習を組み合わせて、実践に即した教育を行います。広く明るい実習室で模擬体験ができるようモデル教材や模擬患者、シミュレーション技法の導入を進め、より臨場感のある体験型の学習を取り入れています。また隣接する医学部付属病院の看護師と本学教員との連携により、直接的な実技指導を取り入れています。

4.自己学習力の育成
 各教科ともに一方的な講義ではなく、少人数グループでの学習を促す教材や学習方法を取り入れています。授業時間外にもコンピュータ室、実習室、図書館など自主的に学習する環境を整えています。また、学生が教員との連絡が取りやすいように学習支援システムを活用して自立的な学習を支援しています。

5.東海大学の強みを活かした国際的視野の育成
 国際的に活躍する人材育成の一環として、英語力を身につける、海外の看護事情を学ぶ、米国の看護師を招く、海外研修を企画している等、体験を通して国際的視野が持てるような支援体制を整えています。

アドミッション・ポリシー

 健康科学部看護学科では次のように教育目標を定めています。
 学部の教育理念のもと、健康な人から病んでいる人まで様々な健康レベルの人に、また、地域・在宅から病院や施設に至るあらゆる場で「その人らしい健康的な生活を大切にするための看護」が実践できる人材を育成すると共に、常に新しい看護を創造する能力を持った人材を育成します。
 この教育目標を理解し、その目標を達成するために自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

看護学科へ戻る