社会福祉学科

幅広い科目によって臨機応変な対処能力を身につけ社会貢献できる人材に。

児童虐待やホームレス問題、孤独死・・・。地域社会で散見される、そういったひずみや問題に対処できる力の修得を目指します。自分の思考を実際の行動へと導く原動力を生み出せるよう、幅広い教養科目と専門科目を設けており、ゼミや授業は少人数制で個別指導を重視。医療系の各学科や病院が併設された伊勢原キャンパスの利点を生かした連携教育も展開します。4年次には国家試験を突破するための多彩な対策も講じられています。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

専門基礎科目「社会福祉入門演習」を中心に社会福祉の基礎や、フィールドワークの基礎を修得します。また、湘南キャンパスで現代教養科目や英語などを履修します。

2年次

「社会福祉専門演習」などによって基礎となる力を強化するとともに、専門領域に焦点を当てて将来の方向性を定めます。また、海外研修プログラムで学びの場は大きく広がります。

3年次

講義だけでなく、さまざまな演習科目が始まります。また、福祉の現場で長期休暇を活用した実習指導を行い、実践力の基礎を身につけます。

4年次

卒論や卒業研究の完成を目指します。フィールドワークや文献研究を通し、自分の関心を具現化します。さらに論理的構成力、プレゼンテーション能力を高めます。

将来のビジョン

福祉を学んだ人材が求められる現場は増えており、社会福祉法人や医療機関に加え、民間企業もシニアビジネスなどで社会的ニーズに応えようとしています。また、教育機関なども活躍の場となっています。

学科のキーワードと概要

人間性と福祉実践能力、冷静な分析と行動をつなぐ力、国家試験への対応力