取得できる資格・免許

社会福祉士国家試験受験資格

「社会福祉士」は、各種社会福祉施設・機関をはじめ、医療機関等ソーシャルワークの実践がなされる現場において、ソーシャルワーカーとして働いていく際の基礎的な資格です。「社会福祉士」になるには、「社会福祉士国家試験」に合格し、「社会福祉士」として登録することが必要となります。本学科は文部科学省・厚生労働省令による所定の科目を開講しており、卒業要件を満たす単位を修得するとともに、これら指定科目の単位を修得することで受験資格が得られます。

精神保健福祉士国家試験受験資格

「精神保健福祉士」は、平成10年度から試験が開始された、社会福祉に関する比較的新しい資格で、精神障害者の社会復帰に関する相談援助にあたるなど、今後の活躍が期待されています。「精神保健福祉士」になるには、「精神保健福祉士国家試験」に合格し、「精神保健福祉士」として登録することが必要となります。本学科は厚生労働省告示による所定の科目を開講しており、卒業要件を満たす単位を修得するとともに、指定科目の単位を修得することで、「精神保健福祉士国家試験」の受験資格を得られます。

介護福祉士国家試験受験資格

「介護福祉士」は、これからの時代において、社会福祉実践現場の最先端で、高齢者や障害者が生きがいをもって生活していくことを直接に援助していく際の基礎的な資格です。本学科では、介護福祉コースが介護福祉士養成施設(修業年限4年、1学年入学定員30名)として厚生労働省から認められており、卒業要件を満たす単位を修得するとともに、「社会福祉士介護福祉士学校指定規則(平成20年文部科学省・厚生労働省令第2号)による所定授業科目の単位を修得することにより、受験資格が取得できます。

高等学校教諭一種免許状(福祉)

「高齢化社会に対応した人材の育成」「生徒数の減少と多様化する生徒のニーズへの対応」「地域社会の要請」などを理由として、近年、福祉教育を実施する高等学校は急速に増加してきています。本資格を取得するためには、卒業要件を満たす単位を修得するとともに、卒業までに所定の科目(教育原理、教育心理学等の「教職に関する科目」、社会福祉原論、高齢者福祉論等の「教科に関する科目」)を修得すれば取得することができます。なお、「教職に関する科目」の大半については湘南キャンパスで履修します。

社会福祉主事任用資格

 「社会福祉主事」は、基本的には公務員が福祉事務所の現業員などに任用される場合に必要となる資格です。本学科では、社会福祉主事任用資格に係る科目を開講しており、指定科目を修得することで、自動的にこの資格を得られます。

スクール(学校)ソーシャルワーカー

社団法人日本社会福祉士養成校協会(社養協)による「スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程認定事業」によるものです。「社養協認定スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程」を修了し、社会福祉士国家試験または精神保健福祉士国家試験に合格(登録)した者に対して、社養協から修了証が交付されます。「スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程認定事業に関する規程」(平成21年3月7日社養協総会決定)第6条第1項に該当する課程である本学科では、所定の科目を修め、社会福祉士国家試験に合格(登録)した場合に、修了証が交付されます。

社会福祉学科へ戻る