芸術学科 デザイン学課程

総合大学の利点を生かしたカリキュラムで、総合力を備えたデザインのプロに。

「ビジュアル」「プロダクト」「スペース」「エンターテインメント」の4コースを設けています。プランニングやプロデュースを含め総合的な視野が必要とされる現代のデザイン。過去のデザインを学ぶとともに時代のニーズを探り、具体的な「カタチに表現する」ことを目指します。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

デザインの基礎を学ぶため、全員が共通の科目を受講。総合的な視野を養うとともに、2年次のコース選択へ向けて専門的な科目も受講できます。

2年次

それぞれの目標や適性に応じてコースを選びます。4つの専門コースから自由に選び、社会に出てから柔軟に対応できるデザイン力を養います。

3年次

コース別に講義科目や実習科目を受講します。共通科目では就職活動などで活用するデザインの実績集を作成、プレゼンテーションの手法も学びます。

4年次

大学4年間の集大成として、卒業研究に取り組みます。また、条件を満たした学生は、大学院で開講される科目を先行履修することも可能です。

将来のビジョン

広告や企画開発に携わるクリエイティブ系・インハウスデザイン系職種のほか、総合職にトライする人もいます。東海大学大学院に進む道も。

学科のキーワードと概要

柔軟なデザイン力、プランニング・プロデュース力、時代のニーズをつかむ感性