学びの分野

自然環境課程では、「人間活動と自然環境の調和」に関する問題を総合的な視野に基づいて研究し、「豊かさの本質」を問い直します。

基本理念と設置目的

当学科が目指す「人間環境」とは、豊かな自然環境のなかで、生きがいとゆとりのある生活が営める成熟度の高い社会環境を意味しています。このような人間環境を形成するためには、「人間生活における真の豊かさとは何か?」という問いかけに答えることのできる、新しい価値観を社会が共有する必要があるのではないでしょうか。

20世紀を振り返ると、生活水準は急激に向上しましたが、環境悪化の代償も伴ってきました。そして現在、ある一定以上の生活を維持しつつ、豊かな自然を守り、健康で生きがいのある、ゆとりを持った生活が営める環境の実現を、我々は迫られています。つまり、「成熟社会」の構築こそ、これからの最大の課題といえます。それはまた、文化、社会、自然のバランスを広い視野で把握する、新しい観点から生まれてくるものです。人間環境領域は、この新しい観点から「新たな成熟社会の構築」を考えていくことを目的に設置されました。

具体的には、

  1. 1.多様な動植物が生存できる「良好な自然環境の維持」
  2. 2.人間が世代を超え、国境を超えて手をつなぎ、社会、文化などあらゆる分野で協力・協調できる「人間共生社会の構築」
  3. 3.環境保全を達成するための「資源循環型社会活動の拡充」

という3つの視点から実践的に教育活動を行っていきます。

自然環境課程では、人間活動と自然環境の調和を目指し、自然科学を軸に、人文・社会科学的視点を含めて学びます。

アドミッションポリシー

人間環境学科自然環境課程では、本学科課程の教育目標「自然環境を保全しつつ人類が豊かな生活を営める自然共生社会、並びに人間と人間が種々の違いを認めつつ文化・習慣・世代などの壁を越えて協同する人間共生社会を確立するうえで、克服しなければならない諸問題に対応できる広い視野を持ち、自ら考え、それらの問題解決に向けた行動ができる人材を育成する」に共鳴し、自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

人間環境学科 自然環境課程へ戻る