取得できる資格・免許

近年、いろいろな資格取得者の社会的評価はますます高まりつつあります。社会環境課程で取得可能な資格について説明します。

教員免許状

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)

大学院に進学し、所定の科目を履修することで専修免許状を取得することができます。

社会福祉主事の任用資格

社会福祉主事は、社会福祉法に定義を置いた、公務員が特定の業務に任用されるときに必要となる「任用資格」です。都道府県、市町村に設置が義務づけられている福祉事務所のワーカー等として任用されるための資格として位置づけられています。また、各種社会福祉施設の職種に求められる基礎的資格としても準用されています。

司書・司書教諭

司書・司書教諭の資格を取得するために必要な基礎知識と技術を学びます。
生涯学習が盛んとなってきている現代社会において、図書館の文献・資料は、独自の学習・研究で早急に諸情報を収集する場合だけでなく、多種多様な知的関心を充足させるのに欠かせないものとなっています。図書館の利用者に的確な情報を提供することは司書の役目であり、大量の情報が集約された文献・資料、あるいはデータベース化された記録媒体などから情報を提供するための知識と技術が求められています。
なお、司書教諭とは、学校図書館の教育・専門的職務に従事する教員をいい、教職課程を履修し、本課程所定の科目(図書館資料論、資料組織概説及び演習等)を修得すれば取得できます。

各種講座

各種講座には、教員試験講座、公務員講座、情報処理技術者試験講座(基本情報技術者)などがあります。

人間環境学科 社会環境課程へ戻る