学びの分野

地球規模の問題を理解する

国際協力活動や、ビジネス、研究、留学などで海外在住経験の豊かな教員と、アメリカ、カナダ、ロシア、中国、韓国、エジプトなどを出身とする外国人教員が、今、世界で起きていることをリアルタイムで解き起こします。
学生の強い関心に応えて、2015年度からは「人種・民族・エスニシティ」や「世界文化遺産」「グローバル・キャリア形成」などの新しい科目もスタートします。
4年間を通じて少人数のゼミナール形式の授業を設けていることも大きな特色です。近しい関係のなかで密度の濃いディスカッションを繰り返すことで、学生が自分自身の興味関心を発見していくことを大切にしています。

高いコミュニケーション力を育てる

世界へのパスポートは、何といっても語学です。それも「使える」語学。ネイティブの先生から英語のシャワーを浴びて、日本人の先生のきめの細かいサポートを受けながら、全学で最も多くの時間を使って、最も少人数のクラスで英語を学びます。
国際学科で学ぶ言語は英語にとどまりません。スペイン語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、中国語、コリア語、タイ語、インドネシア語のなかから興味のある言語を選んで学ぶことができます。
また、すべての科目でディスカッションやプレゼンテーションを取り入れた参加型の授業スタイルを重視しています。

フットワークの軽さと行動力・実行力を養う

「行動派」の伝統を誇る学科です。毎年、多くの学生が世界中の国々に留学し、短期・長期での海外インターンシップやボランティア活動に参加する学生もいます。海外派遣留学制度のみならず、自己研鑽奨学金や「チャレンジセンター」のプロジェクト助成を獲得して自分の道を切り開くことを後押ししています。
学科として多様なスタディツアーや英語研修の海外プログラムを用意するほか、外国から来た子どもたちとの交流や、留学生と一緒に企画・運営する「国際フェア」など、日本にいながらにして国際的な体験を積む機会もたくさんあります。

国際学科へ戻る