学びのスケジュール

教育方針― 国際教養人の育成―

「体当たり」を得意技とするコミュニケーション力、海外留学や国内外でのインターンシップ、ボランティア活動にどんどん挑戦するフットワークの軽さ、授業中に活発に意見を述べ仲間の発言を尊重する積極性と協調性など、国際学科には、そんな資質に恵まれた学生が集まります。留学生や海外にルーツを持つ学生の比率も高く、豊かな個性が出会い刺激しあう場所となっています。そんな国際学科の雰囲気は、それぞれ個性豊かで、異なった専門領域や得意な言語、複数のアイデンティティや海外在住経験を持つ教授陣が、少人数ゼミや参加型授業で学生と身近に付き合うことから生まれてきたものです。

カリキュラムの特徴

  1. 1.初年度ゼミから卒業論文ゼミまで、4年間を通してベースとなる居場所が常に確保されています。
  2. 2.講義科目は、多様な「選択科目」の中から自分の関心にあったものを自由に選んで自分のペースで学んでいく、自主性を重んじたカリキュラムになっています。
  3. 3.「使える英語」を身につけることを最も重要な課題と考えて、全学で最も多くの時間を英語教育に割いています。2年次の英語は、何とたった16人の少人数クラスで実践的英語力を育みます。
  4. 4.外国語教育センターと協力して、第二外国語の副専攻と検定資格の取得を後押ししています。副専攻ができる言語は、中国語、スペイン語、コリア語、フランス語、ドイツ語、ロシア語の6言語と日本語教育法。さらにイタリア語、タイ語、インドネシア語、北欧4言語の講座も開かれています。

国際学科へ戻る