医療福祉工学科

医療と工学を学び、“命を守るエンジニア”を目指す。

人工透析・人工心肺装置などの医療機器の操作や保守・点検技術を身につけ、医療と工学を学ぶことで、国家資格の「臨床工学技士」を目指します。また、病院情報システムを設計する技術力や情報分析力を養い、医療情報技術の推進役として活躍する「医療情報技師」の資格を取得することも可能です。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

幅広い分野の基礎科目をじっくり学んでから専門科目へと進むカリキュラムです。また、少人数ゼミできめ細かな指導を行います。

2年次

各専門基礎科目の修得を目指します。また、「電気工学実験」や「基礎医学実習」で、基本的な計測技術や医療技術を学ぶ実習が始まります。

3年次

本学と提携する病院で臨床実習を行い、チーム医療の一員としての責任と役割を自覚します。

4年次

各研究室に所属して調査・実験を行い、卒業研究に取り組みます。また、「臨床工学技士」に必要な問題解決能力を養い、資格取得を目指します。

将来のビジョン

医療機器の専門技術者である臨床工学技士として病院で活躍できます。また、メーカーで医療機器の開発に携わるほか、医療情報技師としての道もあります。

学科のキーワードと概要

自ら課題を発見し、解決する力、高度医療機器を駆使できる力、チーム医療を推進するコミュニケーション力