通信ネットワーク工学科

情報セキュリティ、IoT、AI、ビックデータ、ネットワーク構築などネットワーク社会のニーズに応える知識や技術を習得。

スマートフォンやサーバのアプリが連動していろいろなサービスを支え、情報を確実に届けるのが、インターネットをはじめとする「通信ネットワーク」です。本学科では、通信ネットワークを構築したり、アプリを実現するサーバを動かしたり、安心安全のためのセキュリティを実現する多様な人材を育成します。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

専門科目である通信ネットワークやセキュリティ等を学ぶための基礎を固めます。「入門ゼミナール」では大学生活のあり方などの指導も行います。

2年次

段階を追って、専門的な分野の科目にシフトしていきます。個々の授業を通じ、将来どのような分野に進みたいかイメージしながら選択科目を履修します。

3年次

「プログラミング応用」など専門性を深め、実践的に学べる科目に取り組みます。「ゼミナール」ではグループごとにテーマを定め、活発な議論を展開します。

4年次

4年間の集大成ともいえる「卒業研究1・2」では、ネットワークシステムの設計・開発にチャレンジ。今まで習得した知識をフル活用して取り組みます。

将来のビジョン

ネットワークエンジニアの技術・知識を身につけた学生の多くが、通信事業、情報サービス業、情報通信機器製造業など多様な分野で活躍しています。

学科のキーワードと概要

ネットワークエンジニアリング、セキュリティ技術、プログラミング・アプリ開発のスキル