卒業後の進路

本学科は、社会的ニーズがますます高まっている組込みソフトウェアの専門教育を推進しています。現在、組込みソフトウェアは、家電製品やパーソナルコンピュータをはじめ、工場機器、FA機器、医療機器など、ほぼすべての電気製品に搭載されているといっても過言ではありません。したがって、本学科で組込みソフトウェアの高度な開発技術力を身につけることにより、即戦力として活躍できる技術者を目指すことができます。

また約1割の学生が、さらに高度な技術を身につけるため、大学院に進学しています。

最近の主な就職先

2011~2013年度(修士生も含む)

SCSK、東海ビジネスサービス、NSD、日立アドバンストデジタル、NTTデータMSE、リコーテクノシテムズ、和心システム、システムハウス.アイエヌジー、コムシス、日本クリエイティブシステム、SKB、ソルパック、アイレックスシステム、アイレックスインフォテック、アービス、トゥインクル、富士通アドバンスドエンジニアリング/東急ホームズ、ダイキンアプライドシステムズ/コニカミノルタ、大倉工業/東日本旅客鉄道/dSPACEJapan/アピスト、東芝テックソリューションサービス、メイテックフィルダーズ、フォーラムエンジニアリング、イマジカデジタルスケープ、トーテックアメニティ/千葉県警察本部、山梨県警察本部

インターンシップ(就業体験)による職業意識や勤労観の育成

本学科では、企業において学生に体験実習を積ませることによって、将来に向けてのしっかりした職業倫理、職業観、勤労観等を養う教育を行います。すなわち、インターンシップによって、将来社会人となる学生が職業意識や勤労観を醸成し、目的意識を持って主体的に学生生活が送れるような指導・教育を行うと共に、しっかりとした職業倫理を身につけた創造力豊かな人材の育成に努めます。実習先企業としては大学周辺の情報通信産業を中心として依頼しています。

組込みソフトウェア工学科へ戻る