情報メディア学科

豊かな社会の実現に貢献できる、“情報メディア技術”を手に入れる。

本学科では、情報を目的に合わせて加工・処理・設計できる人材を養います。選択科目も多彩で、1年次から情報系・プログラミング系などの実践的な科目を履修できるため、着実にIT基礎技術を身につけられます。また国際社会での活躍を目指し、英語教育にも力を入れています。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「プログラミング入門」「情報メディアリテラシー」などを開講し、情報系・プログラミング系の基礎知識や技術を身につけます。

2年次

アプリケーションのプログラミングやデジタル画像の特徴や処理方法などを学ぶ演習などを通し、より深い知識や技術を習得します。

3年次

「システム開発論」や「バーチャルリアリティ・同演習」などの実習が開始。IT企業で実際に働けるインターンシップも履修できます。

4年次

「卒業研究1・2」で少人数のグループに分かれ、情報メディアに関する総合的なテーマを研究。研究を推進する思考力を身につけます。

将来のビジョン

習得した知識や技術を活かし、情報通信業界で働く卒業生が半数を占めます。なかには大学院へ進んで研究を重ね、大手企業で活躍する卒業生も。

学科のキーワードと概要

IT基礎技術、情報メディアの開発力、次世代技術の操作スキル